ウクレレ探検隊

ウクレレ探検隊員のミーハーな萌え活動記録+韓流・K-POPをウクレレでぽろろ~ん♪


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

HEROES田村英里子が、出演するドラマ「HEROES シーズン2」のPRにあたり凱旋会見ですと。

田村ねーさん、やりましたね。
2000年からアメリカで地道に活動されて勝ち取った役ですし、映画「ドラゴンボールZ」も決まってますからね。

遥か昔、まだバリバリのアイドルだった頃にお会いした事がありましたが(いい人でしたわ。)、すっぴんの超お疲れの表情なんぞを間近で拝見すると、アイドルのお仕事って想像以上に大変なのねぇと思ったもんだす。
夢を売るのもねぇ、ハンパないっすよねぇ。

そして、時は流~れ、『凱旋』帰国ですよ。
アメリカで経験した苦労も、ハンパなかったでしょうね。
でも、だからこそ今があるってことっすよね。
ヤッターですな。

ねーさんの、今後益々のご活躍をお祈り申し上げますだす。
スポンサーサイト

そういうラストの「ラスト・フレンズ」でございましたか。
HAPPYな感じの終わり方ではありましたが。

めずらしく観続けた日本のドラマ。
いつの間にやら登場時間の増えていく宗佑に、ジャニーズの底力をひっしひしと感じ、きむたーくからCHANGEしていくかもねCX的なあの世界のコワさも垣間見えちゃえば、そうなりますよね、展開が。
あの話はどーなってるの?、この話はどこにいっちまったの?、なんてことはほっとけばいいっすかね。

なーるほど。

ユルイな。

でも、しょうがない。
韓国ドラマに戻るとするか。。。

カクテキ食べたか?それとも、キムチか?ソウルにて、チ・ジニ主演ドラマ『スポットライト』を観ましたよ。
たまたま観たその日の内容は、韓国語のわからないあちきでも、なんだか面白そーって思えるような展開だったので、楽しめました。
来週分が観たいわんって期待できましたからね。

ちょっとだけロン毛なチ・ジニもステキだったし。
でも、声が趣味ではないことに気付いてしまった。。。ははは。
うすうす感じてはいたんだけど、やっぱり趣味ではなかったのね。
雰囲気が好きだから、まっ、いいんだけどね。(声はあの人、雰囲気はこの人ってことで。)

共演のソン・イェジンも相変わらずのエンジン全開の演技?!で、チ・ジニとの絡みもナ~イスでしたわ。

このドラマ、日本で放映するんですよね。
まだ韓国で放送終了してないのに、早々に買い付けましたよね。
日本人の方がこの内容好きかもって、観て思いましたけど、勇気ある決断というかお買い物ですよね。
個人的には、その時になれば、ソウルで観た内容を理解できるわけで、嬉しいですけど。

せっかくだから、チ・ジニももう少し、ほんの少しだけどロン毛にしてくらはい。
その方がもっと雰囲気が出て、絶対ステキ。

で、好き。

ラスト・フレンズは、毎週、楽しみに待ってるけど、9話を見終わって、どっすーんとキモチが落ちましたわ。

なんだかなぁ、ドラマの展開が安易すぎる気がして、タケルのいい人ぶりは大好きだけど、「おかえり」って言うのも、オイオイってつっこまざるを得ないし、瑠可も宗佑の部屋まで行くかね?、でもって、殴られたら、股間を蹴らんかい!、瑠可。

それにねぇ、タケルも瑠可も警察になぜ言わぬのだ。
あれなら立件できそうよ。

もう、美知留は苦労してるわりには、世の中を知らないというか、周りが見えないというのか、可哀想なんだけど、同情できなくなってきちゃうし。
宗佑って奴は、いやはや、もうどうしましょって位、酷い奴だわ。
ホント、これじゃ、気楽に「美知留っ。」って、宗佑byジャニーズ錦戸のマネができなくなっちゃうわ。

で、残り3話でしょ。
しんどいわね。

誰か、ちょっとでも、ハッピーエンドだと報われるけどねぇ。
一応、それを、望みます。

Myフレンド1号の言った「声優さんになってみたいんだよね。」というつぶやきを、聞き逃しませんでした。
じゃ、やろう、声優!、です。(そうだ、京都へ行こう!のノリです。)

ドラマ「冬のソナタ」で声優すること(アフレコ、ね。)を決めたのは今年の初め。

Myフレンド1号が「冬のソナタ」に登場するヨンア先輩の頼りになる所が好きだというので、Myフレンド2号はチェリンが結局はとてもいい人じゃんということで好きだというので、わたぴはとにかくキム次長が好きということで、そして、まだまだ寒い時期だったこともあり、冬→冬のソナタ、で即決でした。

声優ごっこはミニョンさんでしかし、上記3名が絡むイイ場面ってなかなか無いようなので、ベタな3名で落ち着かせ、Myフレンド1号がサンヒョク役、Myフレンド2号はユジン役、わたぴがミニョンさん&チュンサンで、頑張りましたっ。(やっと時間が合って、出来たんですよ、声優ごっこ。)


「殴らないのか?殴ったらだめだと教科書にあるのか?」なんて台詞(←この場合チュンサンです。)を、いけしゃーしゃーとのたまう自分がはずかしくもありましたが、ほほほ、アフレコって楽しいのね。

アフレコ作業は、ちゃーんと録画までして、あとは編集するのみなのだす。(←そこまでするの?って思った?)

嵌ったのかな。

宗佑KOEEEEEEEEEEEEEEEEEEEEEEE次は、「ラスト・フレンズ」でするつもりでいますの。
わたぴは宗佑役って決めてます!
「何で約束を守らなかったのか言いなさい。」がいいかな。
それとも、「美知留。男の髪は切らないって、約束してくれるよね。」がいいかな。

自分に無いキャラを演じられるから(そんな技量じゃないけれど)、声優さんごっこって楽しいね!

やっぱロン毛でしょやっぱりね、チ・ジニも髪は長めの方がイイ。
映画「す(←漢字忘れた。)」もそうだったけど、ドラマ「スポットライト」でのチ・ジニはちょいと長めだわね。
ムフフ

チ・ジニも長髪倶楽部の一員だわ。

好きっ

ほどけないなら、切ってしまうのは、いかがだろう。 いや~ん、重いよ。重すぎっすよ、「ラスト・フレンズ」。

観てます?、CXのドラマ「ラスト・フレンズ」。
1話目から、長澤まさみ演じる美知留が錦戸亮の演じる宗佑からDVを受けて(凄いわ、じゃにーず。)、殴られ蹴られで、可哀想に思えて観てらんないよーって思いながらも、2話目も観ちゃって、危なすぎる宗佑の元になぜ戻るんだよー美知留って思いながらも、また、観ちゃったわよ3話目も。
もう、ズタボロじゃん美知留。
観てられないよー。(でも、たぶん、観る。うん、観るわ。)

だってね、知人にDVの被害にあって離婚した人がいてね、子供も小さいからって周囲からは離婚は反対されたらしいけど、子供のためではなくて、このままじゃ自分がダメになる、もうDVはイヤだって決意した話を聞いたことがあったから、なんだか美知留の姿がだぶってきちゃうんだよね。
今までは、へーそういうもんなんですかぁ位だったけど、こうも美知留のやられっぷりがリアルだと、心が痛むわよ、ホントに。
女性にとっての仕事や経済的自立って、離婚の際にもひっかかる大きな問題だしね。

どうなっちゃうわけ?、これから「ラスト・フレンズ」は。
宗佑の支配欲が、ひぇーっこれでもかーって調子で、増していくんだろうか。
心の中の悪はだれでも持ち合わせてるものだって思ってるし、心の中の闇はだれもが抱えてるけどさ、そうだとしても、やっぱりDVはよくないよ。
DVは、単なる暴力っていう、そんな次元じゃないね。
精神的にも支配しようとするじゃん。

まぁ、「殴りやがったら倍にして返してやる!」って言っちゃうような女(←わたぴ、ね。実際に、言うようなシチュエーションは経験ないけど。でも、かなりへタレなのよ、わたぴ。)には、そもそも近づいてこないよ、宗佑みたいなひとって、Myフレンドは皆言うけど。

瑛太演じるタケルの「やられた方は一生傷が残るんだ。愛情の仮面を被った暴力って一番たちが悪いから。」って台詞を耳にすると、愛情や人との心の距離感を考えさせられるよね。
その人を大事に思ってるからこそ、適度な心の距離感を掴むことって大変なことだし、他者との関わりがあるからこそ、社会における自分の存在ってものを確認することができるわけだしね。
難しいよね、マジで。

韓国ドラマみたいな美しいカットと独白のスタイルが、若手の売れっ子さんを起用した日本のドラマで観られる点が、ヒジョーに興味深いドラマなんだけど、あぁ、木曜の夜がユーウツだわ。

早く、最終回をやってくれぇ。
物語の結末が知りたいよー。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。