ウクレレ探検隊

ウクレレ探検隊員のミーハーな萌え活動記録+韓流・K-POPをウクレレでぽろろ~ん♪


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

観ましたよぉ、フィギュア。
浅田がFSでジャンプを失敗しても1位でしたね。
そりゃそうですよね、あの肩関節の使い方は、相当、練習したっていう証拠ですもの。

地上ではなく、氷の上で、それもスピードを出している中で、回転したり、飛んだり、急に止まったりするという事は、下半身が安定している方が絶対楽なわけですよね。
だけど、それだけじゃ、フィギュアスケートでは美しくはない、と。
さらに美しく演じるにはどうするかっていうと、どうしたって上体の使い方が鍵になりますよね。
となると、下半身にとっては、キツイっすよね。

背中、肩、腕。(簡単にね、言えばね。)
これらをいかに連動させて、美しさを表現させているのかが、今季のフィギュアを観る楽しみでもあるんですよね。

で、観ていると特にわかりやすいのは、ステップでの肩の使い方。
それは、最近のミキティを観てても同じことが言えるんですけどね。(腕のふりふり、ね。)

以前から、サーシャ・コーエンやキャロライン・ジャンは、くねくね系の、上海雑技団っぽい上体の使い方をしてましたけど、あれはわたぴの趣味ではないので。。。今季の浅田は力強さと美しさの両方を兼ね備えた中での、シロートがまねしたら関節の一つや二つ、必ずや病院行きだというような、脱臼しそうな体勢でステップを踏んでますから、見応えありすぎですわ。

もうね、凄すぎる!
あの年齢でこれだけ過酷な練習をこなしてこれる能力の高さは、やっぱり只者ではないってことですよね、浅田って選手は。
進化・成長の過程をリアルタイム(ほぼ、リアルタイムですな。)で観続けられるなんて、一般人は幸せだわ。

あっ、あとそれと、キミー・マイズナーがFSを♪トゥーランドットでやってましたけど、なんというか勇気がありますな、キミーちゃん。(キミーちゃんのスケーティングも好きなんですけどね、フィギュアの王道行ってて。)
だってねぇ、この曲のここでイナバウアーだろぉなんて思い出しましたから、荒川のこと。
トリノの荒川は美しかったですもの。
フィギュアスケートの優美さを改めて知った夜ですからね。
おフランスだかイタ~リア風に言えば「舞姫がリンクに」って表現でしたっけ?、やっぱり、スケートは美しくなければなりませぬな。

いやー、グランプリファイナルが待ち遠しいっす。
スポンサーサイト

バンビ2 森のプリンスいやぁ、泣けちゃったね、浅田の演技に。
すっごーーーーいプレッシャー受けちゃってたのね、最近の浅田って。(荒川も、浅田の事もサポートしてあげてほしいね、さらにね。勝手なお願いですけどね。ははは。)
2005年の全日本フィギュアの時は、バンビが飛び跳ねてるような軽快な滑りだったけれども、年齢を重ねるごとに、競技年数を重ねるごとに、課題や目的も変わるもんねぇ。
そんな中で、世界フィギュアのあのFS。
凄い!
今回は200点を越さなかったけど、浅田がいつ200点越えをするか、今後の楽しみが増えたわ。

それに、ミキティもね!
金メダルだよ。世界一じゃん。
やっぱりさ、冬は必ず春になるんだね。

二人ともFSでは赤系のコスチュームで金銀メダルだったから、来期から皆、世界選手権のFSは赤系着るかもしれないねぇ。
縁起担ぎというか、運が強そうだからというのか。
オリンピックはずっと青系が金メダルだもんね。

金メダルがミキティで、銀メダルが浅田だなんて、ホント視聴者冥利に尽きた大会で、幸せだ。

しみじみ、凄い時代になったもんだわさ。

受験は滑らないでね受験シーズン真っ只中、「滑る」は禁句でござんすね。
でも、冬は滑りましょう。
おもいっきり、滑ってしまいましょう。
それも、丸の内で。

ってなわけで、やってたんですよ、丸ビルで。
フィギュア浅田絡みで『ネスレ エアロスケートリンクカフェ ~エアロ×浅田真央~ in 丸の内』が、ビルの中でスケートしちゃおうってわけで。

あんな所にリンクかよってつっこみたくなりましたが、リングよりはいいか。
ましか。
ジャガー横田(+医者の夫)より、神取忍より、浅田真央だろな、今は。
旬ですもの。

受験生の皆さんは、そんな世間には目を向けず、滑らずに、いて下さい。
by人生に滑った?!キム・インポッシブル。より

←丸ビルリンクで滑ったのか?、で滑ったのか?人生の方も…という方、1クリック! で応援よろしくお願い致します♪

高橋も信長の末裔も、村主もミキティも浅田も。
どうしたんだ、みんな、フィギュアのグランプリファイナルは。
みんな揃ってぽんぽんが痛かったのか。

ノロか。
それとも、ロシアだからスパイによるものか。
ならば、英国諜報部員のジェームスを呼ぶか?
(スパイ説はかなり恐ろしいので、それはないか。あは。)

今は、うがい+手洗い+顔洗いが大事らしいぞー。

悔しさは次に生かしてくれるものと信じて、今後も応援してるぞ。

←高橋2位おめでとう、浅田も2位でがんばったじゃないか…という方、1クリック! で応援よろしくお願い致します♪

負けちゃいましたねGPシリーズおフランス大会は、キム・ヨナに。
うーん、2位かミキティ。

スケート・アメリカの時に見せた、まるでKAMIKAZEのようなミキティの切なさが感じられなかった分、最初のジャンプに失敗しても持ち直してまとめ上げてくる辺りが、冷静そうで良かったけれど、2位なのか。
最後の決めのポーズも、よろよろふらふらしてなかったのにね。
悔しいなぁ。

とりあえずは、GPファイナルの出場権はこれで得られたようだから、これでGPファイナルにむけて研究できるわね、諸々。
こっちもTVの前で、諸々研究するわよぉ。
誰がライバルになりそうか。。。とかさ。
伊藤みどりの解説が去年の浅田妹の試合の時よりも落ち着いていた。。。とかさ。

風邪ひいてても観るわよ。
飛べ、飛ぶんだ、ミキティ!(←あしたのジョーのおっさん風に言ってみてね。)
がんばってくれ、日本人選手よー!

←今度の試合はいつですか?、抉るように打つべし打つべし打つべしいや飛ぶべし…という方、1クリック! で応援よろしくお願い致します♪

I believe日本シリーズも終わりMLBワールドシリーズも終わり、さて何を楽しむかなぁと思ってたら、冬ですもんね、フィギュアスケートがあったじゃないっすか。
GPシリーズ今季第1戦、ミキティが優勝したじゃないっすか。

フリーの滑りを観てたら、若干締まって見えるカラダと、華麗なるロシアンしてるステップ、4回転を跳んだ頃とはまた違うけどキレのいいジャンプ、やっぱり才能のある娘じゃなと納得させられ、感動よん。

そして、ミキティの性格がもろに出た、最後の決めの力入りまくりポーズ(力入りすぎててよろよろしてたでしょ)が、現在の彼女の、スケートに対する純粋さを象徴しているように思えて仕方がなかったですねぇ。
何かあったらポキッと折れそうなぐらい、痛々しいぐらい真っ直ぐな性格してそうだから、滑りに性格出ちゃうのよね。
わかりやすいなぁって。
抱きしめたくなっちゃたもの、ミキティを。
お前、頑張ってるなってね。

どうぞコーチの皆さんも「いいよぉ!」「すごくいいよぉ!」ってホメまくって、ミキティの才能をさらなる高みへと導いてほしいもんだすな。
できれば、心理面のトレーナーも付けたりすると、ミキティの性格なら技術面のコーチからは得られないような効果が得られそうな気もしますだす。

スケート連盟のお偉いさんのネタで、なんとなーく忘れないでいた冬のスポーツ、フィギュアスケート。
ますます、目が離せませんぞ。
次は誰が活躍するのか。
うほっほ、楽しみだす。

←アメリカでもミキティーが滑った後はスヌーピーが投げ込まれるのだろうか、次は浅田か村主か…という方、1クリック! で応援よろしくお願い致します♪

トリノオリンピック、閉幕しました。
スポーツ観戦好きにはたまらん時間でしたぁ。

肩車をしている側の木戸選手にも注目してね閉幕式は、金メダリストの荒川が肩車されて入場してましたな。

お姫様抱っこならほんの一瞬ぐらいは出来るようなものでも、トゥーランドット姫の荒川は子供じゃないので、彼女を長い時間肩車している逞しい人は誰ぞ?と思ったら、アイスダンスの木戸章之選手。

おじさん、イイ奴じゃん。
(と思ったら、実際はそんなにおじさんではなかった。)

地味だけど確実に、キム・インポッシブルのインテル入ってる脳みそに記憶させていただきました。

←木戸もオリンピック代表選手なのに縁の下の力持ちさん役だね、肩車の姿ってお相撲さんの横綱昇進の時とか高校球児がプロ野球団にドラフトされた時以来の久々のシーンだね…という方、1クリック! で応援よろしくお願い致します♪

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。