ウクレレ探検隊

ウクレレ探検隊員のミーハーな萌え活動記録+韓流・K-POPをウクレレでぽろろ~ん♪


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「私が死んだら、お葬式で笛吹いてよ。」

いただきました、生前予約。
曲目指定で。

えぇ。
吹きモノなのでウクレレじゃございません。(ほーほっほっほ。ウクレレじゃないの、この記事。)

笛、です。
縦笛、です。

昔、学校で習ったプラスティック製ぴーひゃららーのもうちょっと豪華版、木製縦笛があったので、吹いてみたら。。。
泣けた。
自分で笛吹いて、泣けました。(泣いても、吹きまっせ。)

悲しげな音であります。
私、自慢ではありませぬが、いや、自慢でありますが、毎日ハッピーホリデー!なお気楽者にも拘らず、奏でる音は悲しげであります。
深い悲しみも表現してしまいます。(←うそうそ。)
なぜでしょうや。。。

で、Myフレンドちゃんに、そんなこんなの笛自慢をしたら、吹く事になりました。

お葬式で。
Myフレンドちゃんの、お葬式で。

何年後?
どー考えても、当分、先ですわね。

もし、その日が来た時に、キム・インポッシブル。の方が長く生きていて(でないと、無理なんで。あは。)、尚且つ、笛を吹くだけの肺活量が残っていたら、吹きますよ。
「切なさ」が、心の奥底であなたのことを思い描くことならば、たっぷりと。
心を込めて、たっぷりと。
天国のMyフレンドちゃんに向けて。

吹きますよん。

♪春よ来い

己が死ぬまで、練習っす!
スポンサーサイト

ヒラリー・ハーン@みなとみらいホール、に行ってきました。

ヒラリー・ハーンは、TIME誌の『young classical musician』に選ばれたり、グラミー賞も受賞しちゃってたりする、若き実力派ヴァイオリニスト。
ちょっぴり期待して、楽しみに、この日が来るのを待ってましたわ。

やっぱ、いいね、クラッシック。
ノリノリで聴いてるんだけど(カラダも動かさず、静かに、じっと、ですけど。)、気持ちがスーッとするわ。
それもこれも、ヒラリー・ハーンの奏でるヴァイオリンの小気味良さ!、あってこそ。
演奏中の彼女は、Perfumeみたいに♪繰り返すぅ、この、ポリリズムぅ、とカラダをカックン、コックンと動かして、ロボットダンス?しながら弾くんだけど、そんなに動いてよく弾けるよねぇってなもんで、テンポもずれず、軽快なのね。

演奏した曲も、ヒラリー本人が厳選した渾身のプログラムとやらで、面白いんだよね、選曲が。
なーんか映画音楽?っぽいのとか弾いちゃうし。
こんなヴァイオリン・リサイタルもありんすね、って。
ヴァイオリンの魅力も、クラッシック音楽の魅力も再発見。

だからなのか、終演後のサイン会が長蛇の列。
皆さん、虜になっちゃったのね。
ねずみーランドのアトラクション待ちのように並んだ並んだ、人、また、人。(ビックリ!)

ふふふ。
だから、ミーハーなキム・インポッシブル。も、もちろん、しっかり並んだわ。
ふふふ。
ヒラリーがミッキーに見えたのは気のせいか。。。
ふふふ。

2009年はヒラリー・ハーンから、キム・インポッシブル。の音楽ライフが始まりました。
今年も縁起がええわ。

ヒラリー・ハーン、マジでよかったっす。

年賀状、まだ、書いてない。
宛名。

ヤバイ。

ブログのテンプレ替えてる場合じゃないのよね。(早すぎた?)

でも、J-Minのライブに行って来て、超テンション上がっちゃってるから、ブログいじりだしちゃったわー。
きゃー。

J-Min、良かったわー。
マジでええわ。
どすが効いてたで。
Rock!なのよ。
あの華奢なカラダの、どこからそんな厚みのある声が出んねん。
まだまだ余力があったわ。
ギターもがっつり弾くねんな。
♪アメージンググレイス、はアカペラで、これもまたカッコよかったんだよね。

ぶるぶる。
ぶるぶるって動かされたわ。
携帯じゃないわよ。
ココロよ、ココロ。

音楽っていいっすね。
ライブっていいっすね。

今年もいろーんな音楽との出会いがありましたわ。
でも、ウクレレのねた、書かなくちゃ、なのよねぇ。

ブログのタイトル、変えるべか。。。

ぶんぶく茶釜?いやー、もう、クリスマスも間近じゃないっすか。
毎日、忙しいよーん。
ギャル曽根ばりに食べてばかりで、どんどん、どんどん、ぶんぶく茶釜になっていくよーん。
美味しいことは嬉しい事だけど、肉襦袢の厚みが増してゆくこの現実には、目を瞑りたくなるよーん。

青いんですなので。。。
楽しいクリスマスにするために、エルビスと歌いましょうや。
『エルビスの歌声にカントリー歌手マルティナ・マクブライドの歌声をかぶせて「デュエット」にした同曲が流れるが、希望者はSing With The Kingに書かれた番号に電話し、マルティナのパートを歌って吹き込めばOK。電子グリーティングカードにして贈ることができる。』

受話器に向かって歌ってる自分の姿を想像すると、ホント、ブルーなクリスマスだね。
さびしーくなりそ。

でも、記念に保存しておくわ、このメールは。

J-Min、ライブで聴きました。(ジェイク・シマブクロのツアー "Music Is Good Medicine" JAPAN TOUR 2008ファイナル@関内ホールにて)
歌声に、力があったわ。
ギターをかき鳴らしながらのJ-Min。
熱いわ。
よかったわ、やっぱり。

CD即売もやってたので、並んでしまった。。。買う気はなかったのに。。。サインします!につられて。。。

で、どのCDにしようかなぁとオススメや、アルバムの特徴なんぞをスタッフさんに聞いてみたんですが、どなたもご存知無いようでして。
「ザ・バンドの♪My Generation」を歌ってますって、まるで、「ビートルズの♪サティスファクションです。」って言ってるようなことになっちゃいますけど。
あはは。(せめて、売る時ぐらい、商品説明ができるように把握しといてくらはい。)
それ間違ってますしぃ。(それは、ザ・フー。)

そんなぐだぐだ感満載の中、選んだのは2nd mini albumの『Dream on...』。
ついに、J-Minとご対面。
ライブ中に「中国人です。」と本人が言っていたが、歌い方がどーしても韓国系に聴こえるので、直接質問して謎を解いておきました。
「Are you a Korean?」
「Yes!」
というわけで、コリアンみたいっす。

となると、後は、キム・インポッシブル。による韓国ドラマと韓国映画で覚えた韓国語を駆使しまくりのコミュニケーションで楽しませていただきました。
「なんじゃらかんじゃら~ヨ!」
「?」
懲りずに再び、「なんじゃらかんじゃら~ヨ!」
「!!!、とってもうれしー!」
喜んでいただけて、こちらこそ、とってもうれしー!

最後もしつこく、「ファイティン!」しちゃいました。

あは。
幸せ。

J-Minのアルバムは今月のヘビロテで決定ございます。

東方神起、紅白出場決定おめでとさん!
チャンミン観れるわー。
うれぴー。
短髪が残念だけど。

ところで、何歌うんだ?
ヨンさまドラマの曲かしらん。

佐々木秀実は出れなかったのね。
これまた、残念。

Perfumeも出場決定なのか。
(Myフレンドがのっちにそっくりで。。。なんていうんですか、親近感。)

大晦日が楽しみ、楽しみ。


ジェイク・シマブクロ "Music Is Good Medicine" JAPAN TOUR 2008に同行してるんですよね、J-Min
(←この傘持ったBoA似のおねーさんのことね。)

歌手さんです。
ウクレレ弾きさんではありませんのよね。
自身2枚目のミニ・アルバム『Dream On…』を引っ提げて、ジェイクのツアーに同行し、ステージでの共演を敢行。。。ということなので、ジェイクつながりとなれば、はずすわけにはいかんでしょ。

なので、ちょっくら興味を持って、11/19発売のJ-MinのCover Mini Album『The Singer』をさくっと聴いてみましたよん。

♪傘がない
♪スローバラード
♪春夏秋冬
♪眠れぬ夜
。。。確かに泣ける曲を集めましたな。
最近は、斉藤和義なんぞを歌いまくってるキム・インポッシブル。としてはどストレートです、この選曲。

J-Minはお顔がBoA似だけあって、発音というか発声に近いものを感じますね。
力強さとちょっぴりかすれた声が哀愁があって泣けますわよ。
となれば、この感じは、「泣きのウクレレ」なジェイク・シマブクロと合いますわな。

冬にエエわ。
JakeとJ-Minのコラボ、ベタさがエエ。

ライブで聴いてみたいっすね、J-Minの歌声。(たぶん、もうすぐ、聴くけどね。)
んで、泣きたい。

びえーん。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。