ウクレレ探検隊

ウクレレ探検隊員のミーハーな萌え活動記録+韓流・K-POPをウクレレでぽろろ~ん♪


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ルミ子ですお久しぶりね、ソン・スンホン。

2年の兵役を終えたソン・スンホンが軍服を着たまま挨拶をしていた。
うーむ。
顔が違う。
顔をいじったわけではもちろんないが、顔つきが変わっていた。
顔に付いた筋肉の量と場所が、兵役前とは違ったようだ。

兵役を終えましたっ軍隊って何を食べてるんだろ?
よく噛まなきゃいけない食事なのかい?

頬骨のあたりとえらのあたりの筋肉が発達してたよ、まゆげのお兄さん(←あぁ、もちろんソン・スンホン兄さんです。)。

キム・インポッシブル。はウクレレ片手にK-POPを歌うようになってから、どんどん声が低くなっていってるけど、もしかして、顔の筋肉も発達してきちゃってるのかしらん。
発音というか発声に力が要るのよ、K-POPって。
いや~ん、逞しい顔になっちゃうわ。
山男には惚れるなよぉソン・スンホン兄さんみたいに、まつげも長くなければ、黒目も大きくないのに、いや~ん。

何を変えたらええねん、自分は。。。

←兵役ご苦労様ですね、大澄賢也くんは今いずこbyルミ子…という方、1クリック! で応援よろしくお願い致します♪
スポンサーサイト

負けちゃいましたねGPシリーズおフランス大会は、キム・ヨナに。
うーん、2位かミキティ。

スケート・アメリカの時に見せた、まるでKAMIKAZEのようなミキティの切なさが感じられなかった分、最初のジャンプに失敗しても持ち直してまとめ上げてくる辺りが、冷静そうで良かったけれど、2位なのか。
最後の決めのポーズも、よろよろふらふらしてなかったのにね。
悔しいなぁ。

とりあえずは、GPファイナルの出場権はこれで得られたようだから、これでGPファイナルにむけて研究できるわね、諸々。
こっちもTVの前で、諸々研究するわよぉ。
誰がライバルになりそうか。。。とかさ。
伊藤みどりの解説が去年の浅田妹の試合の時よりも落ち着いていた。。。とかさ。

風邪ひいてても観るわよ。
飛べ、飛ぶんだ、ミキティ!(←あしたのジョーのおっさん風に言ってみてね。)
がんばってくれ、日本人選手よー!

←今度の試合はいつですか?、抉るように打つべし打つべし打つべしいや飛ぶべし…という方、1クリック! で応援よろしくお願い致します♪

風邪ひいてまんねんかつてないほどの勢いで短期間に豆を摂取した私。
1年分ぐらい摂ったかも。
風邪と共に始まり、風邪と共に去る。
サプリメント代わりのいい栄養補給になってくれちゃいました、大豆気分「豆乳クッキーダイエット」
ははは。

おかげさまで、風邪ひいてるとは人様からは思われず、いいんだか悪いんだか???でしたが、まめに、カラダの事も気を使っていかないと、すぐ風邪ひいちゃうんでね。
タイムリーな豆づくし。しつこく、食べ続けましたよぉ。
何事も身体が資本ですから、誰もケアしてくれないんで己でがんばれってやつですな。

冬本番はこれからですからね。
ウクレレ共々がんばろうっと。

←風邪ひいてまんねんは改元だね、何言ってまんねん…という方、1クリック! で応援よろしくお願い致します♪

「美しき日々」第6話を観ていたら、今回はまるで池野めだか師匠じゃん、でした。

指圧の心、母心?ナレが、セナのことを見込んでる音楽ディレクター?と始めてあった時、のっぽのナレともやしサイズのディレクターとの突っ込み合いが、まんま吉本新喜劇。
ディレクターがいくらパンチを食らわそうと腕をぐるぐる回しても、ナレに頭を抑えられ、かすりもしないそのパンチ。
あぁ、吉本新喜劇。
それも、見事な池野めだか師匠の技。

こんなところで、美しきめだかの日々。

めだか師匠は、ワールドワイドやなぁ。

←物事は多角的に見てみよう、見過ぎだよ…という方、1クリック! で応援よろしくお願い致します♪

寒くなってきましたよねぇ、毎日。
寒くなると、手も荒れやすいので、爪や指先のお手入れは欠かせませんよね。

今日も、せっせとハンドクリームを塗ろうとしてたら、指摘されちゃいました。
マラドーナはどこをお使いで?「その指、F○●K?」って。
えっ???何のことや?と思ったら、どうも、ハンドクリームを中指ですくい取ってたみたいなんですね。

なので、自然とF○●K?な手。
取りやすいんですよね、中指使うと。
一番長い指だし。

フツーは、人差し指か。。。

←親指立ててヒッチハイク、小指を立ててこれか?お姉ちゃんか?…という方、1クリック! で応援よろしくお願い致します♪

クッキーモンスターだー風邪ひいてる時でむしろよかったかも、大豆気分「豆乳クッキーダイエット」を食べ始めたのだけどね。
風邪ひくと、がっくりと食欲が落ちるたちなので、何を食べようか悩みながら日々を過ごすんだわ、いつもは。

で、手元にこのクッキーがあったから、口にしたら、クッキーと言えど脂っこくないのね。
ダイエット目的の購入が多いんだろうから、カロリーやら栄養やらを気にして作ったわけでしょ、これ。
だから、おかげさまで病あがりにも向いてるみたい。

食感は、クッキーというより草加せんべい。
噛み応え、あるわよぉ。
味は、たまごボーロ。
もたれないから、とりあえずは好きだ。

カラダにいいかもよん。

←豆乳クッキー以外も食べてるのか?、食育だよ食育…という方、1クリック! で応援よろしくお願い致します♪

のだめカンタービレ フェルトケンバンバッグなんとなーくちょっとずつ観てますです、のだめカンタービレ。
あれよあれよという間に、リアル着ぐるみのだめマングースが登場なのね。
マングースが出ちゃうと、もうクライマックスかよって思ったんですけど、あと何話続くんでしょう、このドラマ。

自分の中ののだめカンタービレ像が出来上がってるので、ドラマを観てると登場人物に違和感を覚えないわけではないんですが、クラッシック音楽が♪たらりらたらりら~と流れてるんで、その音楽の持つ雰囲気で誤魔化されちゃうというか、その気にさせられちゃうというか、クラッシック音楽の力って凄いっすね。

クラッシックを聴きながら、型紙作りから始めたくなりましたからね。
ははは。
正直、着ぐるみ、作りたくなりました。

←リアルハブも登場だったね、正直ウクレレを弾けよぉ…という方、1クリック! で応援よろしくお願い致します♪

さよなら、さよなら、さよならサッド・ムービーを観てきました。
「“あいしてる”の数だけ、“さよなら”がある。」というので、聞くだけでsadになっちゃうなーと思ったら、観てみると本当にsadになっちゃいました。

愛に勇気が出せない二人。
愛をうまく伝えられない二人。
限られた時間に愛を注ごうとする二人。
愛がすれ違ってしまった二人。

いや~、集めましたな、これだけのsadを。

でもね、それだけのストーリーを1本の映画として見せるには、それぞれのストーリーの絡ませ方が無理しすぎのように思えたり、距離がありすぎのように思えたり、とsadなストーリーな分、それがフィクションである以上(←映画って意味で、ね。)余計に内容が自然なものなのか否か、神経質に観てしまうんですよね。

もうひとつの Sad Movie サッド・ムービー自分の中のsadな記憶や思い出に、映画の主人公達を当てはめてしまう部分が大きい分、映画の世界でまで、こんなsadには会いたくないって思っちゃってねぇ。

そりゃ、あいしてるの数だけさよならもあるだろうけど、ね。
解せなくて。

sad過ぎて、涙は出ませんでしたよ。
ため息は出ましたけど。

「さよなら、さよなら、さよなら。」は淀川おじさんみたいに、あっさりと言ってもらった方が、いい場合もあるんでね。

←消防士とその彼女の姉妹での会話が良かったよ、この解せないsadが韓流なんじゃない…という方、1クリック! で応援よろしくお願い致します♪

大豆気分「豆乳クッキーダイエット」という、なんともお豆なネーミングのクッキー。
めちゃめちゃ豆の味がするんだろうか。
11月なのに早くも節分気分が味わえたりして。
うふ。

ダイエットなるものはおそらく一生せず、好きなものを好きなだけ食べていくつもりなのだが、リンパを腫らすほど風邪ひいちまうし、どうも食生活に偏りがあるみたいなので、少しはカラダもいたわってやろうと手に入れたのでありますよ。

なんでも、流行ってるんでしょ、この豆乳クッキーダイエットって?
納豆キライだし、お豆腐もほとんど食べないし、お醤油ぐらいしか豆っぽいものが私の生活にはないので(疎遠なのよ、大豆と。)、おもいっきり大豆気分が味わえるわ。

まずかったら、カラダの為だとしても食べないけど、へへへ。。。どうなるか、我ながら楽しみであります!

←身体が資本ですぞ、お味噌も豆からできてます…という方、1クリック! で応援よろしくお願い致します♪

クスリルンバを歌えば風邪も治る後頭部から脳天に向かって、まるでアントニオに延髄蹴りでもされたような衝撃が走った。
ずっきーん、と痛む。
食べても飲んでも、ごっくんするだけでも、まるでアントニオに延髄蹴りでもされたような衝撃。
ひどすぎる肩こりか、脳の血管の問題か、それとも早すぎるお迎えか?。

しかし、よーく考えてみると過去に経験したことのある痛み。
あれはたしか小学生の頃だった。

風邪だった。
扁桃腺が腫れるというのはよく聞くが、私は首のリンパ腺が腫れた。
痛かった。
そう、アントニオの延髄蹴りのように痛かった。

あぁ、いい歳こいて、2度目のリンパの腫れだった。
とほほのほ。

皆様も、お気をつけあそばせよ、風邪は万病のもとですぞ。

←アントニオは猪木か古賀か、ブログやってないで早く寝なさいよぉ…という方、1クリック! で応援よろしくお願い致します♪

Beautiful Days 美しき日々ドラマ「美しき日々」を観ていたら、チェ・ジウがイ・ビョンホンとリュ・シウォンの豪邸に家庭教師として引っ越していく時、彼女はバスを降りた後、大雨の中をリュ・シウォンと歩いて行くんですがね、いや~、どうしましょっていうぐらい気になる場面がありましたよ。

その大雨の中、さしてる傘は1本だけだし、傘のサイズもえらく小さくて、リュ・シウォンとチェ・ジウという背の高いお兄さんとお姉さんの二人の頭しかカバーできず、二人ともびっしょびしょなんです。(あれは風邪ひくコースですな。)

なんてったってこの傘、バスを降りた時に、リュ・シウォンが傘売りのおばちゃんから1000ウォン(約100円ですな)で無理やり買わされたんですから。
青いビニール傘を、強引に。

傘を開くまではどうってことのない傘だと思っていたら、あら不思議。
何と言ってもね、作りがねぇ、目を引きましたね。呼ばれて飛ばれてじゃじゃじゃじゃ~んリュウ・シオンが傘をパッっと開くと、傘の柄が竹!
竹ですよ、竹!
竹にビニールを挟み込んだだけのような作り。
凄いです!
なんてエコロジカルなんでしょう。
きっと、ISOを取った工場で作られた傘ですわ。
あは。

でもって、とにかくあの傘、欲しくなっちゃいました。
ソウルに行った時に、突然の雨に降られていれば出会えるのだろうか、強引な傘売りおばちゃんとあのエコな竹傘にってね。
ワシントン条約に引っかかる事もないだろうし、ぜひとも買って、日本に持って帰りたいっすね。

そして日本で、それも青山あたりで、イ・ビョンホン室長と二人でエコ竹傘をさしながら歩きたいっす。

「美しき日々」って竹傘が出てきても、それすらも美しく思えてくるからオソロシイですな。

←それは美しき妄想の日々だな、イ・ビョンホン室長の髪型がゲゲゲの鬼太郎に見えて仕方がない…という方、1クリック! で応援よろしくお願い致します♪

サッド・ムービーサッド・ムービー」ジャパンプレミアに行ってきました。
「私の頭の中の消しゴム」のチョン・ウソン、「猟奇的な彼女」のチャ・テヒョン、「美しき日々」のイ・ビョンホン室長の妹シン・ミナ、それに「サッド・ムービー」の子役くんが登場でござんした。

こんにちは~プレミア前に、会場入りする所をいわゆるレッドカーペット状態でお客さんたちに見せてましてね、これがまたすんごい人でして。
フラッシュも嵐でござんした。
チョン・ウソンは特にあっち向いたりこっち向いたりとサービス精神も旺盛でしたな。

ってな感じで主役さんたちが会場入りし、プレミアが始まったのが予定を1時間過ぎた頃。
ギリギリの時間に到着したからましなもの、チャージしてない私の体力が残りわずかになりそうでした。
とほほ。

そして、再び壇上に主役さんたち4人が登場し、会場は割れんばかりの拍手と歓声に包まれましたよ。
チョン・ウソンのエナメルの靴は輝き、チャ・テヒョンの笑顔はいつもの如く、シン・ミナの胸元ぱっくりVの字じゃんなドレスもキュートで、子役くんは子供と思えない立派な受け答え。
プレミアって華やかですな、ホントに。

さて、このプレミア、色々とお客さんも参加してちょーだいね企画がありまして、この日、会場のシートにはハンカチが1枚ずつ置いてあり、プレゼントされたんですわ。
「サッド・ムービー」っていうぐらいですから、鑑賞中に涙涙でおよよ~の時はこのハンカチを使ってねというタイアップですな。

で、なんでも『韓国No.1ハンカチスト』なるものの授賞式を今からやりますとなったわけで、ここで韓国映画歴代No.1観客動員数(だったかな)の「私の頭の中の消しゴム」主演者チョン・ウソンが、日本のハンカチ協会の理事長じいさんから賞状を受け取ってました。
日本人をいっぱい泣かせた成果ですかね。
要するに、チョン・ウソンは韓国のハンカチ王子だと。

このハンカチじいさん、自分の役職「理事長」を「会長」って言いそうになったりして、何百人もの女性の前で話すのはえらく緊張するんですかね。
微笑ましいというか面白かったっす。

チョン・ウソンも男泣きそれにしても、今回初めて見たチョン・ウソンは後姿が美しい人でした。
とても背筋が鍛えられてる方ですな。
前から見てイイのは役者さんなら当たり前とも言えますが、後姿は姿勢のよさだけではなく、人間性も出るのではないかと思いましたね。
自分の人生に正直に生きているのか、と自問自答しながら、真摯に自分自身を受け止めているのではないかと。
この、ちょっと古臭いような考えを持って生きてる人って案外少ないんじゃないかと思うんですわ、現代って。
やっぱりね、楽な方を選ぶでしょ。
厳しいからこそ、あの凛とした美しさが、チョン・ウソンの後姿からは滲み出ていたと思ったわけです。(←もしかして、褒めすぎ?)

というわけで、チョン・ウソンの真摯な姿勢にリスペクトしつつ、肝心の映画「サッド・ムービー」はどうだったのか。
それは、また後日。

←会場でプレゼントされたハンカチは青かった、ウンチェではなくイム・スジョンには今回も会えず…という方、1クリック! で応援よろしくお願い致します♪

Go!フラガール!先月、釜山映画祭に蒼井優が、映画「フラガール」の絡みで宣伝やらなんやらと活動してたようですね。

「フラガール」は韓国でもうけるんですかね?
どっぷり不幸なドラマ「秋の童話」が高視聴率のお国柄ですし、日本人より日本映画を観ているらしいですからね。

案外、フラガールもいけるかも。

ということは、ジェイク・シマブクロの浪花節系ウクレレサウンドも受け入れられるんですかね。
「アンニョンハセヨ~。ジェイク・シマブクロ、いむにだー。」なんて挨拶したりして。
日本語もままならないのにね、ジェイクちゃん。

フラガールに便乗して、ウクレレもワールドワイドにいきたいものですな。

←フラガールの劇中蒼井優の友達役の子が着てたほつれたコートが切なかった、劇中のウクレレサウンドは案外ゴージャスよ…という方、1クリック! で応援よろしくお願い致します♪

i Super Star Festival 2006が、もうすぐ開催というぎりぎりで中止を発表しましたな。
平日の夜に、さいたまスーパーアリーナで役者さん達が何するんだろ?ってちょっと興味があったんですけどね。

ミン・ジョンホさまだす。ミン・ジョンホさま(あっ、チ・ジニね)が出るというので、ミン・ジョンホさまコスプレでもしてくれないだろうかチ・ジニよ、と微かな期待を持ってたんですよ、これでも。

それが、イベントキャンセルが決まったとなると、キャンセル料ってどれぐらいかかるのか、契約問題ってどうなってるのか、そっちの方に興味が湧いてきちゃいます。
あは。

イ・ビョンホンが東京ドームでやったファンミみたいに、お客さんを満足させられる構成と技術と意気込みが出演者だけでなくスタッフにもあったのかってね。

ファンの思いも大事にしてもらいたいもんですなぁ、今更ですけど。

←キャパを気にしすぎじゃない?、小さい所でも濃密な時間を過ごしたいのがファン心理…という方、1クリック! で応援よろしくお願い致します♪

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。