ウクレレ探検隊

ウクレレ探検隊員のミーハーな萌え活動記録+韓流・K-POPをウクレレでぽろろ~ん♪


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

どーすんの!?オレ カード過ぎていきましたね、日々が。
2006年が。
もう、大晦日ですもんね。

ウクレレ探検隊もやりましたね、今年も。
色々とご指摘を受けつつ、やっちゃいましたね。
懲りずに飽きずに、みなさん、どーもありがとうございます。
長いことやっていると、ボケが浮かばなくなるもんだって事に気づいた2006年でした。

来年もやるんですかね、これ。
どーすんの!?ウクレレ探検隊、ですね。
ジャニーさんに「You やっちゃいな。」って言って貰えば。。。なんてね。

それでは、みなさん、良いお年をお迎え下さーい。
ではでは。

←来年こそはウクレレネタの充実を期待します、ボケ満載でよろしくてよ…という方、1クリック! で応援よろしくお願い致します♪
スポンサーサイト

ジェイク・シマブクロがNHK紅白歌合戦に出場ですってよ、だんな。

琉球の風なんでも、夏川りみが歌う「花(すべての人の心に花を)」でウクレレ弾いちゃうそうで。

でもって、対戦相手は白組の布施明で「イマジン」ですと。
渋すぎる。
あぁ、NHK。

今年も1枚だけ応募はがきを出し、見事撃沈したので、とりあえずは、夏川りみの曲の時だけは見てみるつもり、の紅白です。

大晦日にウクレレ。
ウクレレ探検隊としてはありがたいウクレレねただす。
受信料も払っているので、とりあえずはNHKに感謝しときますわ。

←他の番組見てるかも、チャンネルをとっかえひっかえ年越しそばを食べながら見るかな紅白…という方、1クリック! で応援よろしくお願い致します♪

エライよ、みんな。
この年の瀬に『人生銀行』を発売するタカラトミーもエライっちゃエライわな。
世知辛い世の中、貯金箱にも躍動感だよ。

なんでも、『液晶の中の住人の人生は3畳一間からスタートし、お金が貯まるにしたがってマンションに住み替えるなどの展開。主人公の生活がどう変化するのか見たい気持ちが貯金を続けさせ、楽しく貯金をすることができる。ひとりで貯金を楽しんでもいただけるが、厭味なく子どもや家族にお金を貯めように仕向けることもできる。』だもん。

立身出世じゃん、これ。
厭味なくってフレーズが、泣けるね。

何をやるにも出費が伴うものだからねぇ。
それで、経済に貢献してるんだけどねぇ。

←貯金が趣味だ、出費が趣味だ…という方、1クリック! で応援よろしくお願い致します♪

王の男王の男」、良かったです。
完成度が高かったです。
ちょうどソウルに行った時、上映していた作品でしたが、韓国語を理解できない身には演者の動きだけで理解できるような話ではなさそうなので、あの時はスル~したわけですが、日本語字幕で観たら、まぁ深い。
深いです「王の男」。

男芸人チャンセンと女形芸人コンギルの二人と王様の三角関係が、微妙なバランスを保ちながら展開されていくんですね。
愛憎劇という言葉では単純すぎる、人間の本質にずずずーーーっと迫ってました。

泣けてくるわぁ。いや~ん、アイラインが。それゆえ、一度観たけれど、もう一度見直して、セリフだけでなく、主人公達の表情やしぐさ、例えば、コンギルの、時に少年のような表情や、暴君と呼ばれた王様の幼子のようなしぐさから垣間見れる彼らの考えを把握して、改めて「王の男」はこんな映画だったのかと考えなければ、もったいない気がするんですよね。

もちろん、何がなんだかわけわかんない作品ではなく、要するに、何回かは観て、ある時は男芸人の視点で、またある時は女形芸人の視点で、またまたある時は王様の視点で、観てみたくなったんです、「王の男」は。

楽しくて、大笑いして、あぁスッキリって映画じゃないのに、久々です、こういうの。
愛情でも友情でも信頼でもゲイでも、深いな、コレって。

人間達が歩んできた長い長い時間は、今を生きる私達には過去のことであり、何かの本で読んだような、偉人さんの歴史のおはなしにすぎないように感じられることがほとんどですよね。
それなのに、長い人生のほんの一瞬にすぎない短い時間や、ほんの一瞬にすぎない感情に、反応しちゃうことってあるんですよ。

あの王様だって大したことないじゃんって思ったり、名もない旅芸人に感銘を受けたり。

だからこそ、当人にとっても、また第三者にとってみても、『その時そう思ったからそうしただけ』のことも、輝いて見えるほどの刹那なんですね。
一瞬を生きているなぁ、と。
熱いなぁ、と。

ラストの場面。
刹那だからこそ、それは美しく彩られていたのかもしれませんしね。
切り取られた一瞬に、王の男の全てが凝縮されてたようでした。

←王の男も米アカデミーの外国語部門に出品してるのよね、日本はフラガールだよ…という方、1クリック! で応援よろしくお願い致します♪

クリスマスですな。
今年も、クリスマス、ですな。

ここ2ヶ月ぐらいはずーっとクリスマスソングを聴いたり、ウクレレで♪ぽんろろろろ~んと弾いたりしているので飽きそうなものですが、1年中クリスマスソングでも構わないたちなので、楽しげな日々です。
しかし、楽しいだけのクリスマスじゃないわって方も多いのが現実社会ですものね。
仕事だよ、だったりとか。
明石屋サンタも毎年ご活躍ですし。(八木は出るんか?)

アリー・myラブ ~クリスマス~そんな時には、ジョニ・ミッチェルの♪リバー、いいですよん。
♪川があったらさ、この凍った川をシズカ荒川みたいにイナバウアーしながらあの人の下に滑って行くのになぁ(←かなりの意訳でございます。クリスマスに免じてお許しを。アーメン。)
っていうあの名曲っすよ。
サラ・マクラクランやAlly McBealの中で歌うロバート・ダウニーJr.のカヴァーとか、いい感じに泣かせてくれますぜ。
泣く理由が特になくてもね。

ロバート・ダウニーJr.なんて、役者なのにスティングよりええ味だしてて、おそらく自分の才能の凄さを自分でコントロールしきれない哀しさが溢れ出てますからね、歌に。
たっっっぷりと。

クリスマスの過ごし方も自分でコントロールできる方は幸せですわよ。
その幸せを噛み締めながら、ハッピークリスマスをお過ごし下され、みなさん。

←クリスマスは出費がねかさむのよね、自分に出費だよ…という方、1クリック! で応援よろしくお願い致します♪

ジェボクと一緒にバイクに乗ろう!確かにね、連続ドラマなのに所々抜かしちゃったから、意味わかんない、あり得ないって思えちゃうのもしょうがないんだけど、難しすぎないか『アイルランド』のあの終わり方は。

誰が誰で、結局どうなったのか、足りない頭の知恵を搾り出してもまとまらないのよ、エンディングが。
教えてくれ、あれは何なのだ。
難?!なのか。

頭領。。。いやいや、ジェボクの語る言葉にほほぉと感心しきりで、毎回メモ帳片手にスタンバイしそうだったぐらいで、キライじゃないのよこういうドラマ。
難解な方が燃えるたちなの、わたぴ。
うふ。

しかし、ノーカットじゃないしねぇ、ますます難解になっちまったようでねぇ。
買うか、DVD!

買わぬなら、買わしてしまえホトトギス。
いや、買わしてみせようホトトギス。
いやいや、買うまで待とうホトトギス。

さてさて、どの戦国武将で行きますかな。

←この話の終わり方が納得できぬな、お主も相当の悪じゃのう…という方、1クリック! で応援よろしくお願い致します♪

年末年始と色々な集いがありますな。
忘年会に新年会に、その他諸々。
食べてぇ、飲んでぇ、また、食べてぇ。
気心の知れた人たちと美味しいものを突っつくのはストレスも解消されていい気分なのに、そうじゃない感じ~の集いも、正直多いしね。
ストレスが溜まるというか増えちゃってるのかしらん。

さすがに不規則生活だと堪えるわね、それも、おなかが。
だから手にしちゃったわよ、腸内環境を改善すべくサトラックスビオファイブを。
今年は多分野で新しいことに挑戦してるわよぉ、私。
納豆菌で整腸作用に繋がるらしい辺りが、お豆に無縁の私の心を揺さぶったのよね。これが新しいタイプの便秘薬なのね。(いやん、恥ずかしいぃ。)
これでさ、ストレスも一緒にすっきりと出て行ってほしいじゃないの。
ココア味ってところが、欧米かって突っ込みいれたけど、美味しい方が気分がいいからこれもありだったわ。

さぁ、これで今週もがんばらねば。

←クリスマスのご予定は?、聞かぬが仏…という方、1クリック! で応援よろしくお願い致します♪

高原は欧米かtakaharaで~す。嘘かよ。似てるじゃないか、高原。
いや、タカアンドトシの太り気味の方の人が、髪の伸びた高原に似てるじゃないか。

だから、高原も欧米か。

←ウクレレは欧米か、ウクレレネタはそれだけか…という方、1クリック! で応援よろしくお願い致します♪

眉毛を見れば俺ってわかるかい?石原裕次郎ボスじゃないよ。そうだったのか。ソン・スンホン兄さんは、ビリヤードをしに日本に来てたんだね。

スマスマでのビリヤードをするスンホン兄さんは、ほんのちょっと前まで兵隊さんだったとは思えない、なんとも垢抜けてるお姿。
細面だから華奢な身体つきだと思ってたけど、いやいやどうして、しっかりした身体なのね、やっぱり軍隊あがりだし。

スマップ、負けてるじゃん。
オーラもさ。
がんばってくれよ。とほほ。

スンホン兄さん、今度はファンミで何するんだろ?
韓流タレントさんのいつものパターンかしらん。
どうせ行かないから、いいんだけれど、いい加減飽きちゃってる方も多いはず。
なので、いいとこ見せてあげてね。

こちとら、ドラマや映画で待ってますから。

←CXはクォン・サンウからは完全に手を引いたってことね、お次はソン・スンホンとはこれまた手が早い…という方、1クリック! で応援よろしくお願い致します♪

高橋も信長の末裔も、村主もミキティも浅田も。
どうしたんだ、みんな、フィギュアのグランプリファイナルは。
みんな揃ってぽんぽんが痛かったのか。

ノロか。
それとも、ロシアだからスパイによるものか。
ならば、英国諜報部員のジェームスを呼ぶか?
(スパイ説はかなり恐ろしいので、それはないか。あは。)

今は、うがい+手洗い+顔洗いが大事らしいぞー。

悔しさは次に生かしてくれるものと信じて、今後も応援してるぞ。

←高橋2位おめでとう、浅田も2位でがんばったじゃないか…という方、1クリック! で応援よろしくお願い致します♪

MatsuzakaでもD-Matでも好きに呼んでね松坂のボストンレッドソックス入りが決まりましたね。
赤い靴下履いちゃうのね。

30分ぐらいある記者会見の長~いver.を見ましたが、嬉しそうでしたよ、松坂。
しかし、通訳さんがド緊張というかかなり舞い上がっていたようで、あんな感じの通訳で真意は伝えられてるのかい?ええんかい?と気になりましたけどね。
レッドソックスのファンと松坂を結ぶ大事な線のはずですから、通訳さん。
老婆心ながら、線が点で終わらなければ。。。と

通訳さんも慣れってことっすかね。
それとも、松坂が理解するのを待ってれば済む事っすかね。

通訳さんも松坂同様、赤い靴下履いて、がんばってちょ。
お腹が冷えそうなら、赤い腹巻も巻いてみてね。

←しかし年俸が凄いね、あれだけの札束で頬を叩かれてみたいっす…という方、1クリック! で応援よろしくお願い致します♪

スポンジケーキが好きなんだよぉbyラリー世の中には自分に似た人間が2人いると言いますが(3人でしたっけ?)、いました1人。
ドラマ『ラリーのミッドライフ★クライシス』の主人公ラリー、だす。

見た目じゃございませんのよ、似てるのは。
まだまだ、ミッドライフクライシス年齢でもございませんし、わたぴ。
このドラマを見ていたら、ラリーがスポンジケーキが美味いんだよと友人へのおみやげにしこたま買って行く(ちなみに13個)姿を見て、オーバーラップしました自分が。

スポンジケーキをおみやげに買っていく奴なんて、いますかね、世の中。
ホイップクリームも何も塗っていない、イチゴも乗っかっていない、ただのフツーのスポンジケーキですよ。
だけど、スポンジケーキだけが美味しかったら、そのスポンジケーキを買っていきたくなりませんかね。

子供の頃から、まずいケーキを食べるくらいならこのスポンジケーキだけでいいのにねっと、スーパーで売っていたスポンジケーキを見つめるようなお子ちゃまだったので、ラリーの気持ちがよくわかります。
ドラ焼きも中身のあんはいらないし、人形焼もあん抜きでいいし。

だからって、ホントにスポンジケーキをおみやげにしたことは天地神明に誓ってございませんのよ、わたぴは。

世界に目を向ければ、いろんな人がいろんな活動をしているわけですな。
クリスマスを目前に控え、自信が付きました。

えっ何に?とは聞かないで下され。

←ウクレレ弾ければ自身が付くんじゃないの、ラリーはかなり壊れてるセレブらしい…という方、1クリック! で応援よろしくお願い致します♪

小学生の頃はちちくさくてキライな牛乳も、給食という聖域のため止むを得ず毎日飲んでいましたが、根っからちちものギライなので、それ以来ほとんど飲んでませんのよ、牛乳。

牛乳だけでなく、私の中でのちちものはいわゆる乳製品全般を指すので、チーズもバターもヨーグルトも苦手であります。
と言いながらも、グラタンとチーズケーキとヨーグルトアイスは好きでありますが、もたれてしまうので確実に手元には炭酸飲料を置いてます。

しかし、いや、やはり、こんな生活を見直さなければならんなと、時々、えぇ、かなり時々、牛乳1リットルサイズ紙パックをGETするのではありますが、ほとんど飲まずに終わるのですよ、毎回。
で、やっぱりこれはいかんとなったので、今回は、お酢入れました、牛乳に。
チーズにしました、その牛乳。
カッテージチーズの出来上がりってやつです!

もちろん、チーズもちちものなので、苦手なんですけど、1度は作ってみたかったものでして。

で、食べてみたら、ナ~イス!!
うまかぁ。
ベリー・ベリージャムをかけておいしく召し上がっちゃいましたわ。
おほほ。

でも、1度に500ml分のカッテージチーズを食べるのはしんどかっただす。
もたれたことは言うまでもありません。

はっはっはー、と豪快に笑って済ませましょう。

←マヨちゅちゅもできません、現代人は濃厚な食品を好むけどね…という方、1クリック! で応援よろしくお願い致します♪

スペイン村冶佳織のオール・スペインものという企画型コンサートに行ってきました。
まだ、風邪も完治せず、へろへろのふらふらなカラダでありましたが、チケットを無駄にするのは気が引ける、すなわち貧乏性なので、行ってきちゃいました。
ほほほ。お疲れさんだす。

ロドリーゴやらなんやらとスペインがらみの曲づくしで、村冶もフラメンコダンサーを髣髴とさせる赤×黒のドレスで登場。
『冷静と情熱のあいだ』だすな。
『赤と黒のエクスタシー』は角川。。。誰でしたっけ?
(ちなみに、お色直しも赤×黒で。)

風邪ひいてまんねんの弱った身には、クラッシックが心地よかったです。
激しい所も、トレモロトレモロ~も、α波出てたはずです、私の頭の中。
訪れたことのないスペインの地の風邪を。。。いや風を、太陽を、光と影を感じておりました。

アンコールの♪禁じられた遊びを聴いて、村冶からのクリスマスプレゼントはこれかいな?なんて考えながら、なんてベタな選曲なんだろと思ったのは言うまでもありません。
ベタなのね、村冶って。

そういえば、客層が倖田來未のライブには行かなそうなMENSが多かったので、彼らにとってとてもステキなクリスマスプレゼントだなぁと、村冶のことを感心したりもしてました。
やっぱり、ベタやね。

そんなベタな村冶ですが、フラメンコは踊ってくださらなかったです。。。
ボケは、しないのね。。。そうよね。。。

←角川春樹でしたっけ?、角川博は演歌歌手…という方、1クリック! で応援よろしくお願い致します♪

トム・ダウド いとしのレイラをミックスした男行って来ました、エリック・クラプトンの武道館公演に。
クラプトン、初めてなんですよこの目で観たの。
遮るものの何もない中で、どっぷりと堪能です。
エリックおじさんは、イギリス人風元気溌剌でございました。

連日の武道館公演にも拘らず、まぁ疲れを知らないおじさんですこと、クラプトンは。
フツーの顔して、フツーに弾きこなしてましたからね、2時間。
ブルースや昔の曲に、誰もが知ってるあの曲もたっぷりと。

ブルースなんて、辛気臭くないからステキ。
白人でここまでやるということは、若い頃、相当研究されたんでしょうね。
さしずめ、東大に行ける位!、って感じでしょうか。

近くに座っていたおじさんは、クラプトンのブルースと昔の曲になると狂喜乱舞でノリまくり、壊れちゃったの?と心配になるぐらいでしたが、こんなおじさんをも壊れさすほどの力がクラプトンにはあるわけですね。
これは、Mojoですな。
まさに、Mojoですわ。

Songlines Liveさて、今回のツアーではギターはクラプトンだけではなく「トリプル・ギター」が売りなので、要するに3人のギター弾きが登場してました。
特に、DEREK TRUCKSのスライドが凄くって!
いやはや、世界には凄い人がいるもんですな。
今まで聴いたことのないスライドの音でした。
雑味のないというか、真空状態というか、宇宙遊泳というか、とってもキレイな音で、スライドってあんな音が出せるのかと驚きました。
ピッとぴったり美味しさ包むのはサランラップ、ピッとぴったりフレットの上で止まるのはDEREK TRUCKSなのですよ。

大御所もまるで「自由に弾いちゃってっ。」と言ってるようで、彼のプレイも楽しみつつ、自分もプレイを楽しむようでしたよ。
あの超有名曲♪レイラのフレーズを聴いた時、『ん?クラプトンってこんな感じだったっけ』と思ったら、DEREK TRUCKSが弾いてたりとか(御大も弾いとりましたけどね)。

ギターとアンプ、ただそれだけ、という舞台セットもクラプトンの心意気が垣間見られたような気がしました。

熱い冬の夜でした。

←私の心は寒かぁ、しばれるねby千昌夫…という方、1クリック! で応援よろしくお願い致します♪

切れ味復活?!最近にないほどのお休みでした、ウクレレ探検隊。
また、風邪ひいちゃって、ワタピ。
まだ、へろへろだすぅ。
12月は復活したいだすぅ。
だけど、ボケが浮かばんのだすぅ。

故にPCの前から遠のくのでありんすぅ。

←ウクレレも遠のくのでありんすぅ、言い訳は浮かぶのでありんすなぁ…という方、1クリック! で応援よろしくお願い致します♪

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。