ウクレレ探検隊

ウクレレ探検隊員のミーハーな萌え活動記録+韓流・K-POPをウクレレでぽろろ~ん♪


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

いただきました。
アンリ・ルソーの顔がどこまで行っても付いてくる「アンリ・ルソー顔の金太郎飴」を。

この顔がまたよくできていて、そっくりなんです。
(画家の方のルソーです。社会契約論のルソーさんではないっす。)
世田谷美術館でのおみやげなんだそうで、金太郎飴にして売ってしまう世田谷美術館の心意気に敬服いたしやす。

ちなみに、この金太郎飴をくださった方は、ご自分にはルソーの絵のポストカードをご購入され、キム・インポッシブル。には金太郎飴、と。。。よく理解していただいてるようで、感謝です。

眺めているだけで楽しくなっちゃうこの飴を、しこたま見たら、がっつりいただきまーす。

←オリジナル金太郎飴が作れるそうだよ、誰の顔にするかが問題だよ…という方、1クリック! で応援よろしくお願い致します♪
スポンサーサイト

オールウェイズ-SIEMPRE-(DVD付)今夜、IL DIVOのコンサートに行きます、うちのおかんが。
私は。。。お留守番だす。

数日前、「有楽町の新しい所でやるコンサートに誘われちゃったのよぉ。」とおかんにきゃっきゃきゃっきゃと話されても、私には一体どこで誰のコンサートが行なわれるのか、そんなあいまいな表現じゃ皆目見当が付かず、色々と質問をし、やっとこさ「あー、そんな所かも。」「あー、そんな名前だったかも。」と答えを導き出し、無事におかんを国際フォーラムで行なわれるイル・ディーヴォのコンサートに送り出すことに相成りました。

全くと言っていいほど予備知識を持っていない状態で、おかんはイル・ディーヴォと出会ってきます。

しかし、私が何気なくかけていたジョージ・ベンソンのアルバムを「これ、いいわね。」と見事に言い放ったナ~イスなおかんなので、きっと何かしらの刺激を受けて帰還することと思われます。

イル・ディーヴォはおかんのハートもキャッチできるのか、そして、イル・ディーヴォはおかんの趣味に合うのかどうか、妙に楽しみであります。

まさに、有楽町で会いましょう、な夜なのであります。

←IL DIVOも凄い人気らしいね、韓流だけじゃないわよぉ…という方、1クリック! で応援よろしくお願い致します♪

ちゃんらーん?!、いっ平でーす。林家こぶ平(現・正蔵)の弟、いっ平に似てると思うんです、イ・スンチョル。
となると、私の趣味ではない。
決して、ない。
どんなミュージシャンなのかも全然知りましぇん。
しかし、曲を聴いたら、2回聴いたら、いい曲だと思ってしまいました、♪白い鳥。

いっ平なのに、顔が。。。秋山にも似てるな、ロバートの。

イ・スンチョルです。とにかく、曲重視ですから、私。
青い鳥なら、チルチルミチル。
白い鳥なら、イ・スンチョルですよ。
♪鳥よ、鳥よ、鳥達よ~、だったら杉田かおるってのもあります。

で、せっせと耳コピし、意味が全くわからないにも関わらず、フォークロックっぽい力強さの中にある切ないメロディライン、なんだかちょっとスティービー・ワンダー?!してるブルース・ハープ(ようするにハーモニカでぷーっと)の雰囲気に影響され、精神的に落ちていく私の小鳩のような心。
あぁぁぁ。

影響されやすいみたいで、キム・インポッシブル。
ジャカジャカジャカーーーーーっと、♪白い鳥に合わせてウクレレかき鳴らし、一緒に歌っていると、なんだかねぇ、なんだかなぁby阿藤快、になっちゃうんですよね。

♪サーラ ナンマングー イービョーリ スーポーソー。。。ポゴシッポ~。。。ラララ。。。

歌詞の意味もわからないのに泣けてくる(忠実に書くなら泣いてはいない。あは。)なんて、やるでしょ、この人。
泣かせどこを理解した歌い方するし。

私にもまだ熱いココロが残っていたわと実感できる1曲です。

←♪くっくっくっくー青い鳥の桜田淳子もいるぞ、くるっくーと鳴くのは鳩だな…という方、1クリック! で応援よろしくお願い致します♪

ウクレレ探検隊も気が付けば600日が経過したんですか。
←横のカレンダーを見て、気が付きました。
うわーーーーー。
ヤバイですね、これは。

そのうちの何日がウクレレ関連ネタなのか、数えないようにいたしましょ。
数えると、やる気がなくなる。。。いや、やらなければあかんと焦りだすので、数えないようにいたしましょ。

フレンズから「根性なし!」と言われた経験のある、このキム・インポッシブル。が、600日ですからね。
確かに私の辞書に『努力・忍耐・根性』はございませんけど。

ここまでこれただけでも、御の字ですわ。
ありがとう。感謝します。

←振り返れば~とか書かないの?、振り返れない過去だったりして?…という方、1クリック! で応援よろしくお願い致します♪

腹筋割るほど腹筋す。来るのね、キム・ミンジュン。
待ってたわ、この日を。
ついに、頭領が来るのね。

でも、大阪じゃ無理やわ。
行かれへん。

東京にも来て欲しいけど、ありがちなファンミに1万円出す懐の温かさは持ち合わせておらず、それならば、キム・ミンジュン新作DVDでもGETした方がいつまでも楽しめそうだわね。
今、ドラマ『Someday』を観たいと思ってるとこだし。

だからさ、頭領、いつか東京方面に来た際は、頭領と柔道でお手合わせ願いたいわ。
頭領と違って、学校の授業で柔道着を着た経験があるぐらいだけど、キムはキムでもキム・インポッシブル。は。

帯を締めなおして、待ってるわ。
1本取る気で待ってるわ。

←柔の道だ美空ひばりだ、柔道ってお手合わせって言ったっけ?…という方、1クリック! で応援よろしくお願い致します♪

BABEL菊地凛子ってどなたさんです?
菊池は菊池でも、菊池寛とか五月みどりの義理の娘の桃子ならわかるんですけど。

なんでも、米アカデミー助演女優賞でもノミネートされたんですね。
渡辺謙以来のノミネートだそうで。

おや、まぁ、ビックリだす。

映画『バベル』はまだ公開されてないのでうんともすんとも言えないんですけど、バベルって超能力少年が住んでるあの塔のバベルですかね。

バビル2世♪バビル~2世。。。

うーん、いい曲だ。
違う?
きっと違います?
かなり違います?

じゃ、映画を観ないとダメだすな。
ガンバレ~、菊池。

←バベルには役所広司も出てるらしい、桃子は今頃何してる?…という方、1クリック! で応援よろしくお願い致します♪

今までウクレレ探検隊のプロフィール画像は、探検隊ルックのペコちゃんでしたが、やめました。
なんせ、ほれ、あの問題ですもの。

ゆえにペコちゃんは卒業です。

今日から新たにキム・ポッシブルちゃんにご登場いただきました。
(私はキム・インポッシブル。でござんすよ。)

今後ともよろしくです。

NFLスーパーボウルに出場できるチームが決まりましたな。
コルツとベアーズですよ。

インディアナポリスコルツのペイトン・マニングだよぉ。コルツはやっとこさペイトン・マニングで行けました。
もっとも、今季、活躍したのはアダム・ヴィナティエリじゃないかと思ってるんですけど、ね。
あの確実性の高さがなければ、ここまでこれたか疑問ですもの、コルツ。
ベアーズは弱小チームでしたからね、よくぞスーパーまで行けたものだと感心してますです。

シカゴベアーズのブライアン・アーラッカーだすっ。どっちを応援しようか、悩みますね。
マニングには東京ドームでサインを貰ったし、ベアーズには愛しのブライアン・アーラッカーがいるし。
ブライアンもサインをくれたいい人なので、困ります。

2週間後が楽しみです!

←マーヴィン・ハリソンの分厚い唇も見事よ、NFLスーパーボウルって何ですか?…という方、1クリック! で応援よろしくお願い致します♪

ホロビッツのために映画「ホロビッツのために」は去年の冬頃に観てたんですけど、やっと書く気になりました。
もはや下火と言われている韓流ブームではありますが、イイ作品はブームでなくとも、有名タレントが出ていなくても、やっぱりイイわけで、特に何といった派手な展開もアクションもありませんけど、おすすめしちゃいます、これ。

めずらしく、涙しました。
あはっ。

主人公を演じるオム・ジョンファは、ドラマ「12月の熱帯夜」で嫁ぎ先でボロボロにされてもひたむきに明るく生きていこうとする、あのおばちゃんです。
あのおばちゃんが、「ホロビッツのために」ではピアノ教室の先生役なんです。

末は博士か大臣かって具合で、両親も家族も皆して、娘(オム・ジョンファね。)を世界的な有名ピアニストにするべく、せっせと教育費をつぎ込むんですね。
しかし、娘はピアニストどころか、とある片田舎でピアノ教室を開いてやっていくしか道はない、要するにピアニストの才能なんてない、ってことになっちゃうんですね。

いつかはきっと、自分も認めてもらえる。
いつかはきっと、自分もホロビッツのようなピアニストになれる。

生徒募集っす。そう信じて生きてゆきたいが、現実は厳しいわけですよ。
どうやって生活していくんだよー、と。
食べていくあてといったら、この腕しかないだろ、ピアノだろ、と。
細腕繁盛記しちゃうしかないだろ、と。
で、ピアノを教えていくわけですね。

そこで、一風変わったというか、個性があるというのか、街の嫌われ少年が生徒として、ピアノ教室にやってくるんです。

多くの生徒と接することで、生徒達の生活や今後の人生、自分の夢、希望、挑戦をいろーんな視点で考えていかざるをえなくなるんですね、先生は。

日本では昨今、耳を疑うような事件も多く、世の中や時代を憂いでしまいがちですが、ちょっと家族を思いやる気持ち、ちょっと友人を思いやる気持ちといった、『ちょっとした』愛や友情で、世界が変わって見えることって、まだまだあるんだと思うんですよ。
難しいことはなーんにもなくて、ただ相手を思いやる気持ちがあっただけ。
その気持ちという種が、長い年月をかけて花開くこともあるんですよね。

自分の大切な人には、幸せになってほしい。
だから、自分の大切な人に、あなたがいるから幸せだと言われたら、これ以上ない幸せだ、と。

「ホロビッツのために」は観てよかったなって思えた映画でしたし、こういう作品に目を向けていけば、韓流はまだ寒流?!じゃないなと実感しますよん。

←ホロビッツは有名なピアニストよ、ナビスコならばリッツビッツ…という方、1クリック! で応援よろしくお願い致します♪

Ayumiでーす。日本語ぺらぺらでーす。倖田來未ver.のK-POPスタイルで、Ayumiが歌う♪Cutie Honey。
ダモさまのご協力のもと、夜中にわたくしも♪Cutie Honeyをじゃかじゃかとかき鳴らしておりますです、ウクレレで。
もちろん、お歌も付いてます。
カタカナ韓国語で、キュートにセクスゥィ~に歌うようにしたいものだす。

いまのとこ、テンポの速い演奏をとるか、早口言葉のようで慣れていない♪Cutie Honeyの歌詞を優先するか、難しい選択ではありますが、Ayumiと一緒にノリノリでやってます。

こんな真冬ですし、真夜中ですし、キューティーハニーのような乳間見せ見せルックでも、倖田のくうちゃんのエロカワ路線でも、Ayumiの萌え系でもありませんが、世間をお騒がせするようなことはせず、この頃はやりの女の子?!して弾き語ってる次第です。

Am D E...
♪ヨセ ドゥロ チャル ナガヌン ナ カトゥン ヨジャ。。。
E Am
♪ハニーーーー フラ~ッシュ

間奏は、一人で♪フララララ~ッシュって歌ったりもしてます。
巻き舌です。かなり、巻きます。く~るくるです。(←Ayumi風)

あぁ、夜中の私はちとおかしい。。。
妙にテンション高くて、ね。

昼間に見たら、やばいかも、自分。ほほほ。

そんな時は、
♪プッタカルケ サンチョジュジ アンキル(=お願い近づかないで)と歌いながら、逃げよう。
いや、笑ってごまかそう。

平和だわ、私。

←夜中の自分が本当の自分かも、昼間見るとぞっとするものよ…という方、1クリック! で応援よろしくお願い致します♪

受験は滑らないでね受験シーズン真っ只中、「滑る」は禁句でござんすね。
でも、冬は滑りましょう。
おもいっきり、滑ってしまいましょう。
それも、丸の内で。

ってなわけで、やってたんですよ、丸ビルで。
フィギュア浅田絡みで『ネスレ エアロスケートリンクカフェ ~エアロ×浅田真央~ in 丸の内』が、ビルの中でスケートしちゃおうってわけで。

あんな所にリンクかよってつっこみたくなりましたが、リングよりはいいか。
ましか。
ジャガー横田(+医者の夫)より、神取忍より、浅田真央だろな、今は。
旬ですもの。

受験生の皆さんは、そんな世間には目を向けず、滑らずに、いて下さい。
by人生に滑った?!キム・インポッシブル。より

←丸ビルリンクで滑ったのか?、で滑ったのか?人生の方も…という方、1クリック! で応援よろしくお願い致します♪

SS501のライブ@国際フォーラムに行って来ました。
2007年のライブ一発目は、いただきもので、K-POP。
ご縁があるのね、私。

いやー、楽しかった。
面白かったと言う方が適切かもと思えるほど、観客を飽きさせることのないステージング、デビューして約1年というグループには思えない、いや思わせない歌唱力、アジアのエンタメなら韓国がNo.1と唸らせる気合の入れようが、正直言って5人組メンバーの誰一人として名前を知らない私でも(顔もよくわからんの。あは。)、彼らのプロ根性に頭が下がりました。
ライブをありがとよー!、ですよ。

曲と曲の合間(←お色直しが多くてねぇ。)もメンバーが登場するVideoを使って観客を楽しませてもくれたしね。
キューピーの♪たらこなVideoや、韓流といえば忘れちゃいけねぇぜな『冬のソナタ』なVideoも、本人達が歌い踊り、セリフを喋り、雪だるまも作り、せっせとサービスしてたしね。

ソロステージもあって、J-POPを歌ったり、ステージ上の大きな花の中から登場したメンバー1名、カッコよく熱唱し、聴かせ所なのねと思ったら(歌うまっ。)、その後、変身し、キューティーハニーになってた方もいて。
見つめちゃいや~ん元祖キューティーハニーの前川陽子姐さんの迫力や、倖田のくうちゃんのセクシーハニーも良かですが、あんなに上手いメンズの♪キューティーハニーを聴いたのは生まれて初めてでございました。
♪この頃、流行りの男の子。。。ってなぐあいで。
売れっ子なんですね、SS501って。
流行りの男の子ですから、ね。

そうそう、結婚式もありました。(ちゃんと、そういうセットがありまして、凝ってましたね。)
「SS501は日本の皆さんとの愛を誓います!」と、会場のファンと愛の契りをしておりました。
なので、私は立会人だったことになります。
えぇ、黙って見てたものですから、結婚はしませんでした。
えぇ、独身です。

これだけ尽くされれば結婚してもよいのでしょうが、出遅れたというか、他にもまだ色々といるし、みたいな。

とにかく、新年早々K-POPから始まったことですし、07年はK-POPをウクレレで追求して行こうと、誓った夜でした。
たぶんですけど、「ウクレレでK-POP」のネタを増やしていきまーす、です。

ファイティ~ン。

←SS501と書いてダブルエスオーゴンイルと読むらしい、前川陽子を出すあたりがやるねぇ…という方、1クリック! で応援よろしくお願い致します♪

Go ヤンキース!、Goイギー!阪神の井川からヤンキースの井川に。
で、NYでの入団会見で笑顔炸裂。

なーんで、あんなに笑顔が出ちゃうんだろ。
いっつも仏頂面というイメージだったあの人が、満面の笑みで会見してました(ロングバージョンで見ました、会見)。
誠実さが感じられる英語でのスピーチ。
実直な人なのかも、と思わせられました。
だからこそ、こんなはずじゃないんだけどぉって思いが空回りしていって、結局は仏頂面だった日本での生活、と。

アメリカでやっていくのは相当大変なんだろうけど、それでもね、笑顔になっちゃうんですね、自然とね。

モデルの仕事もそつなくこなす、俺さま、新庄。それに、ボストンで松坂が入団会見をした時の通訳さんとは異なり、井川の通訳さんは、めちゃめちゃ落ち着いていて(いや~んステキ。おほほ。)立ち居振る舞いからして伝統あるチームの威厳すら感じたので、きっと井川もいい影響を受けて、かっこいいニューヨーカーになっていくんでしょうね。
GQとか出たりして。
ってその路線は新庄か。。。

今年は見応えありますね、MLB。


←ホントにイギーって呼ばれるの?、伊良部って今どうしてるんだろ…という方、1クリック! で応援よろしくお願い致します♪

大晦日にジェイク・シマブクロが紅白歌合戦に出ておりました。

といっても、世間の話題はDJ OZMAに集中でございます。

気志團ちゃんの頃からあのような趣向を凝らしたステージングを紅白でも見せていたので、そんなにびっくりするような内容だったっけ?と、うわさの場面も呑気に大笑いしながら見てたんですが、ということはすなわち、今回の紅白はそれしか話題がなかったのね、ということで、ウクレレ弾きが出てたなんて事は、記憶の片隅に残る可能性も低く低くなっていったであろうと、ただでさえ、あの夏川りみのハリのある歌声がぐぐぐーーーーんっと伸びていく中で、サスティンのないウクレレ片手に、♪花の雰囲気出すのは難儀なはずですから。
ファイトいっぱーーーつ!笑顔いっぱーーーーつ!トレモロトレモロ~なんて、全然聴こえなかったし。
しかしそこはジェイクらしく、イスに腰掛けながらも、お得意のカラダくねくね、笑顔一発!で弾いちゃいました、と。

夫・布袋寅泰もエレキギター片手に、妻・今井美樹の後ろでジャカジャ~ンって弾いてましたけど、エレキギターは目立ちますもの、音が。
それに、あのデカさですしね、夫さんは。

となると、地味ながらも着実に紅白にまで出場を果たし、なんとなくでも記憶に残っている人がいるならばよしとしましょうジェイク・シマブクロってとこですな。
ウクレレ普及に果たした役割はあった、ということになるんでしょうし。
紅白も、サッカーワールドカップとまではいかないものの、いろんなお国の方々が見てるらしいし。

地道に活動し、ウクレレ普及に邁進しているわけですね。
ENJOY!、ウクレレっすね。

←紅白見なかったよ、DJ OZMAは見てみたかった…という方、1クリック! で応援よろしくお願い致します♪

ととあわせ 瀬戸内明けましておめでとうございます。

お節もいいけどブログもねってなぐあいで、今年もウクレレ探検隊をどーぞヨロシクお願い致します。

←新年の挨拶をしたということは今年も続ける気になったんだな、思い立ったが吉日でございます…という方、1クリック! で応援よろしくお願い致します♪

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。