ウクレレ探検隊

ウクレレ探検隊員のミーハーな萌え活動記録+韓流・K-POPをウクレレでぽろろ~ん♪


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

コスプレ大会だーーーー。さて、ハロウィンですね。
今年は「特にっ。byエリカ」って感じで何もしないんですけど、コスプレ好きなキム・インポッシブル。はMyフレンド達と、どんなコスプレをしたいかなんて話で盛り上がっておりました。
でね、盛り上がったのはいいんですけど、このコスプレが似合うよってありがたい?!アドバイスに、キム・インポッシブル。の小鳩のようなココロが痛みましたわよ。
クルックルー。。。じゃなくて、およよぉですわ。

だって、ジャック・スパロウが絶対似合うって。
顔がジャック・スパロウだからって。
おいおいっ。
それじゃ、コスプレの域に達して無いじゃん。
パイレーツ・オブ・カリビア~ンでいや~んじゃん。(←ん?)
素、じゃないか。素のままじゃないか。(どんな、素なんだ、わたぴ。。。)
女子だぞ、一応。
顔で勝負って、一体。。。

というわけで、すでに、顔がジャック・スパロウのコスプレしていたキム・インポッシブル。です。
皆さんも、ハッピーなハロウィンを楽しんでね!
スポンサーサイト

金木犀の香りが、風に乗ってあちらこちらからしてきますよね。
う~ん、いい香り。。。

と、一度ぐらいは乙女なセリフ(←キャーっ、はずかしぃ。)のひとつでも言ってみたいものであります。

が、しかし、わたしのこの、わんわん並みに利く鼻によりますと、非常に濃度の濃い匂いと分析しちゃうんですよね。
えぇ、わかってますよ、自然の香りなのに、匂いだなんてっていうのもね。
自然の香りなんだから、まるで、トイレの芳香剤のように言うなってこともね。

でもねぇ、強烈でしてね。

昔、部屋で育てた水耕栽培のヒヤシンスのあまりに見事な咲きっぷりに、頭痛を覚えたぐらいでして、わたぴ。
匂いが。。。いや、香りが部屋に充満してまして。。。いや、香りに包まれまして。。。咲き終わるまで、自分の部屋なのに使えなかった記憶がありんすよ。

「好きな花は何ですか?」。。。
難問ですね。

あなたは、スモークサーモンの味のするお茶を飲んだことがあるか?
あなたは、それだけで十分お腹を満たしてくれるおかずのようなお茶を飲んだことがあるか?

すごいぞ。
予想を遥かに上回る衝撃のお茶だ。
サンメイタン。

お茶漬けにすれば、おかずはいらぬ。

あなたと食べたい、サンメイタン茶漬けbyサブロウ

CとK。
だからカルバンクライン。。。なわけではなく、C系とK系が一緒にお仕事したりもしてるんだすな。

台湾のジョリーン・ツァイのPVを観ていたら、韓国の俳優キム・ジェウォンが出とりましたぞ。

なんか見かけた顔だと思ったら。。。と気付いた自分に驚きました。

まだまだ、K系の方が知ってる事が多いですわ。

ゆめさんっ。以前から、よく、他人さまの夢に出る私。
「昨日、夢に出てきたんだよー。」と言われます。

つい先日も、わたくし出ちゃったらしく(おばけじゃないのよ。)、「業界にその名を馳せるクリエーターとしてテレビに出演してた。」んだそうで。

そんな夢を見てくださっちゃうあなたさまの方が、よっぽどクリエーターではござらんか?

こーんこーんこーん。ぐりーんじゃいあんとぉ。Teenだった頃は、「緑の血が流れてたよ。」と、強烈なキャラで他人さまの夢に登場していた事を思い起こせば、実に立派なカタチで登場するようになった、私。

クリエイティブな発想もすっかりと息を潜め、てんでおもろくないウクレレ探検隊ブログになっちゃってる今日この頃、たまには自ら夢でも見て、豊かな発想力をいただきたいものであります。

Tracy Chapman一時期、しこたま聴いたTracy Chapmanの♪Baby Can I Hold You 。

夜風もだいぶ涼しく。。。というより寒くなってきた頃、パシフィックセンチュリープレイスが見える辺りを歩いてたら思い出しちゃったわ。

抱いてHOLD ON ME!hold Youなところが、ええんよ。「hold on」じゃなく。
最近、観た映画でも、主人公が「Hold me」って優しく囁いてたわ。

hold onだと、モー娘の♪う~、hold on me、って感じで肋骨折れそうだものね。

夜風がさぁ、身に染みるわねぇ。

家は持ってますか?一青窈ってさ、冬のソナタ、見たでしょ?(←誰に聞いてんだ?)
だって、「でも、好きな人がいるところがお家になるんだと思います。」って言ったんでしょ?

それって冬のソナタでユジンが言った名台詞じゃん。
「形としての家はどうだっていいんです。好きな人の心が。。。一番素敵だと思います。」でしょ。

小林のたけちゃんかどうかは置いといて、一青窈はチュンサン派、それとも、ミニョン派、どっちかしらん。
ちなみに、キム・インポッシブル。はミニョン派よん。
だけど、ホントはキム次長派なのよん。
うふっ。

一青窈ならさ、♪My Memoryも♪最初から今までも、いい感じで歌ってくれそう。
台湾でのKIRINのCMみたいに、2曲とも中国語Ver.にして歌ったらいいのにぃ。
そしたらさ、ライブ、行くわよ。
以前、行ったライブ、良かったもん一青窈の。だから期待できるし。
歌えば、なおいっそう、好きな人がいるところがお家になるんだと思いますわよ。

ということは、なるほど。
一青窈は持ち家派ってことね。

GO GO 2・3’sCSRねぇ。

疲れたなぁ。
最近、食欲不振。
秋なのに。。。天高くキム・インポッシブル。も肥える秋なのに。。。

しょうがない。
♪一般人じゃな~い、オレは芸術家、って歌って寝~よおっと。

ちょっと寒いじゃんと思える日も出てきたので、そろそろ、ベタなこの関係もいかがでしょ。
冬のソナタの♪最初から今まで、と♪MY MEMORY。
Ryuver.じゃございませんよ。
ビリーバンバンver.でもございませんわ。
ジェフ・チャンver.でございます。

女の人が歌っているのかい?と我が耳を疑ってしまうほどの透明感のある高音が魅力のジェフ・チャン。
こんな高音、わたしにゃ出ませんがな。
なので、とりあえず、片手にはウクレレ、で。

冬のソナタ関係は♪雪の華と同じく、1曲覚えておくと、アジア各国で活用できますな。
でも、使う場は、ここ日本。
自宅限定なんですけどね。

やっぱりね、この曲もウクレレ的にはスタンダードナンバーのようなので、押さえておきますかね。
♪亜麻色の髪の乙女、でございますよ。

C-POPならば、シンディー・ワン(王心凌)の♪月光がそれにあたります。
そうだす。♪亜麻色の髪の乙女のカヴァーでございます。

♪月光、がどんな歌詞になってるのかは毎度のことですがわかりませんです。ハイ。
しかし、曲調がいい感じで、シンディー・ワンの歌声に合わせてウクレレを弾きたくなりましたぞ。
なんていうんですかね、キュートって感じっすかね。
ちょっとロリ~な雰囲気もありつつの。
かわいさを習得するのによさげです。
キム・インポッシブル。に欠けている世界観だすな。
ほほほ。
とほほ。
深く、追求しないでぇ。。。

そのカーデはどちらでお買い求めに?「恋するハイエナ」11話の、ジンボムの「ひとりにしてください。」のあの場面。
いや~面白かった!
すんばらしく面白かった!
手を叩いて笑っちまったわー。
(↑ネタバレには相当しないはずですよね?してたら、すんまそーんです。)

ひっさびさ、ギガ(いかん。間違えた。ギザ。)面白かったので、最終話を迎えていないドラマの事をまたもネタにしちゃいました。

ひとりでうけまくりーの秋の夜、でございました。

白ウクレレでチェリッシュ?!中華系でもウクレレを小道具に使うことなんてあるのだなと確認できちゃった1枚でございます、コレ。
フィッシュ・リョンのPVでちょっと凹んだウクレレ探検隊ざますからね。

レイニー・ヤン(楊丞琳)の隣で白ウクレレを抱えてるお兄さんがどなたなのかは存じませんが(有名タレントさんだとしたら、ファンの方ごめんなさいですぅ。)、台湾あたりではウクレレの知名度ってあるのでしょうか。チェリッシュは白いギターだし。。。

台湾は暖か~いというか結構暑いところなので、ウクレレ、合いますでしょ。
いかがなのかしらん。

ウクレレを使ってくれただけでも感謝ですけど。

「麻衣ちゃんっ。」と倉木父は今もどこかで心配してるんだろか。
勝手に心配してるようにしか見えなかったが。
そんな身内でたぶん大変な倉木麻衣。オヤジにもめげず、地道に活動し、彼女は音楽的才能をいかんなく発揮されとりますね。

そして、実力のある倉木麻衣と一緒に歌っていた見知らぬC-POPのお姉さん。
英語で歌っておりますが、元ちとせのようななかなか独特の節回しをされる方で、耳の集中力が一気にそちらに傾きましたわ。

♪Tonight, I feel close to you、という曲よりも、♪My story your song、という曲で、倉木麻衣に負けず劣らず。。。いや上かも?なこのお姉さんの実力を、ガツンっと聴かせてくれますのよ。

で、このお姉さんって、ステファニー・スン(孫燕姿)。
(「ステちゃんっ。」なんて言っちゃうオヤジがいなけりゃよいけれど。)
さらっと歌うあたりが、Coolだす。

J-POPとC-POPのコラボって案外多いんですね。

親親 kissing the future of love (台湾盤)フィッシュ・リョン(梁静茹)の歌うつじあやのの♪風になる、のカヴァーは、曲と声質がうまくあっていてなかなかよいC-POPです。
心地よいです。
お姉さんがさわやかに、海辺でぽろろ~んな感じで楽器を抱え、はいポーズってPVもよさげです。

が、しかし、お姉さんが抱えているのは、それは、ウクレレではない。
それは、マンドリン。
とってもよく似ておりやすが、それは、マンドリン。。。。
つじあやののカヴァーだけど、マンドリン。。。
カヴァーだから、ウクレレじゃなくてもいいってことなのね、きっとね。

ひさびさの、ウクレレ界の現実か。
ははははは。

最近は、ちょこちょこですが、C-POPも聴いておりやす。
とりあえずは、J-POPのカヴァーあたりから聴くのが馴染みやすくていいかなと。
色々とあるんですね、カヴァー曲。
驚いたのは、アルフィーの♪メリーアン。
びっくらこきまくりでございました。

他にも、「伊豆的温泉」という歌詞に違和感を覚えたというか、拡大解釈??の凄さにびっくりというか、中島美嘉の♪雪の華は数多くカヴァーされてますね。
アジア人受けするんですかね、♪雪の華って。

有名どこだと、ハン・シュエ(韓雪)ver.の♪雪の華は歌詞にある「伊豆的温泉」が聴き所?!ですな。高音です。まさにC-POPって感じであります。

他には、ヴィンシー・チェン(泳兒)ver.のもなかなかいいですよん。
この、「さぶーっ。」って顔して写ってるジャケに努力の跡が見られますでしょ。
これもお仕事ですから、ねぇ。
はりきって、雪降る中、ですわよ。
♪雪の華、に情感もこもりますがな。

キム・インポッシブルとしては、中島美嘉よりもK-POPのパク・ヒョシンver.をよく聴いたので、C-POPとしては中音域が魅力な、ジョイ・ツァイ(蔡淳佳)ver.がお気に入り。
声の伸びはビミョーですけど、雰囲気が良かったですわ。
ミアナダって感じで。あはっ。
ウクレレも手に、ね。

しかしまぁ、どれもこれも歌詞の意味がぜーんぜんわからないんですけど、新たに「C-POP」カテゴリーも作ってしまったので、ぼちぼちUPしていきますわ。

1本でもにんじん。2足でもサンダル。シン・ソンロク。
歌い上げちまったよー。
それも一人っきりで。
バンドさんもお客さんも誰もいないじゃないか。
悦に入ったのか?、ソンロク。。。いや、ソクジンよ。
涙しながらの熱唱だったわね。(←ドラマの中の話しだす。)
歌手か俳優かわからぬ歌のうまさだと思ったら、ミュージカル出身だったのね。
役柄が役柄だからコメント難しいけれど、ええわぁ、シン・ソンロク。

ドラマの先が気になります。
恋するハイエナ」の中でフードコンサルタントのソクジンはどっちの方向に進むのでしょう。。。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。