ウクレレ探検隊

ウクレレ探検隊員のミーハーな萌え活動記録+韓流・K-POPをウクレレでぽろろ~ん♪


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

うまいむしゃくしゃする。。。というか、世の中うまくいかねーなーってなわけで、コンビニに直行。
普段は買わないような食べ物&飲み物ばかりを集めに集め、しめて3千円なり。

一人でこんなに買ってどないするねんという冷静な判断は無理やり忘れ、ギャル曽根ばりに、おいしそうなお顔で食べまくりました(と思います。)。
現実は、ちょっとずつでしたけど、食べまくりました。

コンビニはパラダイスぅ。

救われたわ。
スポンサーサイト

台湾でヒットしたという、ジェイ・チョウの初監督作品「Secret/不能説的秘密」を観ました。
これねぇ、イイ!
面白かったっす!

とある伝統校のピアノ科に転校してきた小倫(ジェイ・チョウ)が音楽室(ピアノ室?)で出会った小雨(グイ・ルンメイ)は、小倫の知らないメロディを弾いていて、小倫が「何て曲?」って質問すると、「それは言えない秘密(不能説的秘密)。」と小雨は答える。

いきなりこれ↑ですよ。
この、タイトルそのまんまのベタな台詞からして、ほのかに哀愁が漂っちゃてるラブストーリーに、すっかり惹きつけられちゃいました。
ピアノ科のお話だけあって、ピアノの演奏場面もダイナミックで楽しめましたし。
それにね、というか、特にね、小雨が小倫にするちょっとしたイタズラの場面が印象的だったっす。

よくね、「ねぇ!」って背後から呼ばれて、呼ばれた先の方に顔を向けると、呼んだ人の人差し指が自分の頬に刺さっとるっていうイタズラがあるでしょ?
あれがね、ほんわかした雰囲気を醸し出してて、あら、おふたりさん、仲いいわねぇって微笑ましく思える場面が出てくるんだけれども、そのイタズラってよくされたんですよ、キム・インポッシブル。は。(どうやら、脇が甘いらしい。ゆるゆるっす。とほほ。)
だから、ヘンな所で妙に印象に残っちゃって、この映画。
どんどん惹き込まれていったわけですよ(イタズラされた人・小倫がどうなっていくのか、個人的にも気になりまして。)。

で、そんなふたりに何が起こって、どーなっちゃうのーって展開が怒涛のラッシュでやってくるのですよ。
それゆえに、ネタバレになっちゃいそうな話になりそうだから、多くは語れない、いや語っちゃいけない「Secret/不能説的秘密」。

観た後も、語れないところが、まさにシィーーーーーーークレット!
まさに不能説的秘密!

ふふふ。
この映画、最後まで目が離せませんぜ、旦那。

コピ・ルアウ、ご存知ですか?
ジャコウネコが贅沢に選んで食べた完熟の珈琲の実、その後、体内で消化され、排出された珈琲豆!で希少価値と高値の話題性もあり、ジャック・ニコルソンもとある映画の中でこの話題を出してますよね。
あのコク、あの香りが素晴らしい!とね。
邦画なら、かもめ食堂でも出てきましたよね。

で、ですね、わたくし、マレーシアのジャングルで、ジャコウネコちゃんの排出したばっかりの半生タイプをがっつりと観察したことがありんすの。
ジャングルでの生分解率なんぞを考えながら。

だからねぇ、人様にコピ・ルアウをオススメする時、脳裏によぎるあの半生タイプ。
いいんだろうか、これをオススメして。。。
プレミアムなコーヒーなんだけど、いいんだろうか、これをオススメして。。。
わたくしは。。。飲まない。。。が。

この夏のお中元リストに、おひとつ加えてみてはいかがでしょう。
えへ。

切られそうになる自分。
必死に抵抗し、真剣白刃取りまでして、戦い抜こうとしている。(やる気、まんまん?)

そんな自分に、救いの神。
それは、剣。
剣GET!で、もう、こわいものなしさと再び戦い出す自分。

その剣は白く、細く、そして、なぜか束ねてある。
、疑問に思いながらも、戦わなければと、孤軍奮闘。

しかし、命は無事であったが、「胃をぱっくりやられただけだよ。」と傍らで友が言う。
(っていつから居たんだよ、友よ。お主、早く助太刀いたせ。)

戦いを終え、よくよく見れば、我が手に納まっているものは、剣ではない。
この白い束は、おそうめん。
げっ!、おそうめんって。(おそうめん「島の光」はうまいっす。)
おそうめんじゃ戦えないってば。
そりゃ、胃ぱっくりだわよ。

初夏、おそうめんの季節となりました。
食べたいのなら、食べたいと言おう。
夢には出すな、おそうめん。

以上、ウクレレを持てない日々が続いております。
悶々としているということでしょうか。
とある日の夢、でございました。

コンビニで、サンマー麺とコーラを購入。

ついでといってはなんですが、レジに中国大地震の募金箱があったので、ばさっと募金しやした。

世界が、あたりまえに、あたりまえな幸せを求められる世の中に、なってほしいものだすな。

脱臼のはずなんですが、もしや骨折しちゃってた?
どこかがヒビでも何でも入っちゃってる気がしてるんですけど、ただの気のせい?

かなりよくなった我が手。
治ってきた事を実感すべく、怪我した方の手でお箸を持ち、普段も、あまり食さないアジの開きと納豆を食べてみた。

ありゃ?
手が痛くなった。
手首から肘までの間の腕が痛いっす。

あかんな。

アジの骨を取ったりする作業って、やっぱり細かい動きを要するのね。
納豆を器から零れ落ちないように均等にかき混ぜる作業って、簡単そうに見えて、力が要るのね。
日本人が手先が器用だと言われるのは、こういったお箸を使う動作によって細かい筋肉の動きを鍛えられるからなのね。ふむふむ。

しかし、こんなんで痛むなんて。。。。
筋力も落ちたのね。
ダーウン、ダーウン、ダーウン(←Down,Down,Downです。)だわ。

そうか、これを機に、「お箸より重いものなんて、持ったことがないのっ。」ってキャラに変更できるかも。
ふふふ。
しかし、そう言ってる自分に、じんまが出そうよ。(←正直者だわ、わたぴ。)

完治について考えるだけ、損だな。
脱臼損だ、これじゃ。
やっぱり、考えないようにしーよおっとっ。

以上、第5回・怪我の途中経過報告(実録「シリーズ・怪我」)でやんした。

Myフレンド1号の言った「声優さんになってみたいんだよね。」というつぶやきを、聞き逃しませんでした。
じゃ、やろう、声優!、です。(そうだ、京都へ行こう!のノリです。)

ドラマ「冬のソナタ」で声優すること(アフレコ、ね。)を決めたのは今年の初め。

Myフレンド1号が「冬のソナタ」に登場するヨンア先輩の頼りになる所が好きだというので、Myフレンド2号はチェリンが結局はとてもいい人じゃんということで好きだというので、わたぴはとにかくキム次長が好きということで、そして、まだまだ寒い時期だったこともあり、冬→冬のソナタ、で即決でした。

声優ごっこはミニョンさんでしかし、上記3名が絡むイイ場面ってなかなか無いようなので、ベタな3名で落ち着かせ、Myフレンド1号がサンヒョク役、Myフレンド2号はユジン役、わたぴがミニョンさん&チュンサンで、頑張りましたっ。(やっと時間が合って、出来たんですよ、声優ごっこ。)


「殴らないのか?殴ったらだめだと教科書にあるのか?」なんて台詞(←この場合チュンサンです。)を、いけしゃーしゃーとのたまう自分がはずかしくもありましたが、ほほほ、アフレコって楽しいのね。

アフレコ作業は、ちゃーんと録画までして、あとは編集するのみなのだす。(←そこまでするの?って思った?)

嵌ったのかな。

宗佑KOEEEEEEEEEEEEEEEEEEEEEEE次は、「ラスト・フレンズ」でするつもりでいますの。
わたぴは宗佑役って決めてます!
「何で約束を守らなかったのか言いなさい。」がいいかな。
それとも、「美知留。男の髪は切らないって、約束してくれるよね。」がいいかな。

自分に無いキャラを演じられるから(そんな技量じゃないけれど)、声優さんごっこって楽しいね!

やっぱロン毛でしょやっぱりね、チ・ジニも髪は長めの方がイイ。
映画「す(←漢字忘れた。)」もそうだったけど、ドラマ「スポットライト」でのチ・ジニはちょいと長めだわね。
ムフフ

チ・ジニも長髪倶楽部の一員だわ。

好きっ

コンビニでゴシレ 高矢禮(ゴシレ)弁当ですってよ、奥さん。

セブンイレブンで、本日5月12日~6月8日まで予約受付するらしいわ。(もしや、まさかの父の日用ギフト?)
2500円のコンビニのお弁当って、相当豪華ね。
まぁ、なんて、ゴ~ジャス!
(わたぴは唐揚げ弁当で充分だす。マヨは使わん主義だす。)

先月も船上でゴシレの柿デザートなんぞをいただいたけど(美味しゅうございましたわっ。)、高矢禮にわざわざ行かなくても、また、行きたくても行けないわんなんて方にも、手軽に味わえる韓国伝統料理だね、これ。

売れ行きが気になるわ。(ほほほ。)

はたして自分はSなのかMなのか。
Sではないだろう。。。と思っているが、かといって、Mっぽくもないような。。。
人様からは超自分LOVEって言われてますけど、キム・インポッシブル。はそんな気さらさらありませぬ。
SとMの狭間で揺れるキム・インポッシブル。。
桶狭間の戦いは誰がやったんだっけ?。。。てなことはさておき、
やってみましたよ、SM診断テスト
結果は。。。(長いっすよ。覚悟して読んでね。)
     続きを読む

やっぱりスゴイっす。クルム伊達公子

現役復帰して、またアキレス腱を切ったりしないのかと不安視しちゃいましたけど、さすが元世界ランキング4位は違うっすね。
ブランクを感じさせないご立派な身体つきもさすがです。(以前、腹筋がカール・ルイス並みの質の高さだと聞きましたが。カール・ルイスって今何してはるんやろ。)
カンガルーカップ国際OPはシングルで準優勝、ダブルスで優勝ですもの。

で、このコメントですから。
「駆け引きの中で、いかに自分のテクニックを引き出していくか。そこで間違った選択をしたから勝てなかった」。

うーん、カッコええ!
だから、テニスって面白いんだよねぇ。
勝負の駆け引きが一瞬一瞬で変わるから、ついつい引き込まれちゃうのよ。
選手並みに集中しちゃうわよ。

残念な事に、伊達の試合は、今まで一度も生で観戦したことが無いので、クルム伊達公子になった今、どこかで観戦してみたいものっす。
もっとランクの高いツアーに参戦してもらって(TV中継も入るだろうし)、クルム伊達公子の勇姿を観たいっす!
東京方面なら行くなー、絶対。

昔から、怪我をしたらその部位のものを食べると、怪我した箇所が早く治るといいますが、となると、やっぱり、これですか?
←これ、食べなきゃだめっすか?
プーさんじゃないっすよね?(蜂蜜はいずこ?)
リ、リ、リアルすぎて、ドドド、ドン引きなんですけど。。。

誰か、一緒に、美味しいものを食べに行こうよー。(もちろん、熊の手以外でね。)
美味しいものを食べて(怪我しなかった方の手を使いますから。)、気分転換したいよー。

以上、第4回・怪我の途中経過報告でやんした。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。