ウクレレ探検隊

ウクレレ探検隊員のミーハーな萌え活動記録+韓流・K-POPをウクレレでぽろろ~ん♪


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

国際フォーラム内はプレスの方もたくさんいらっしゃいましたよ。
お手製のうちわやボードをご持参のヨン様ファンの方もたくさんいらっしゃって、熱気ムンムンムンのムンでございます。
私はそんな会場内の雰囲気を楽しみつつ、1階の1×列目だったので、舞台挨拶も試写も見やすい良席で、これはたまらんと期待して待ってました。

舞台挨拶の前には四月の雪の特別映像として韓国でのプレミア試写会の模様も流れましてね、ヨン様の八二分けを大画面で見れました。
わーい。

さて、舞台挨拶ですが、このイベントの私のミッションは、ヨン様に向かって「ヨンジュン・オッパー!」と叫ぶこと。

果たしてミッションは完了できたのか。。。

舞台は下手から登場し中央の階段を下りてくるようにセットが組んであり、今か今かと待っていると、会場の照明が落ち、ホ・ジノ監督登場、続いてソン・イェジンちゃん登場、そして大歓声の中をヨン様が登場。
そこら中から聞こえる絶叫で「ヨンジュン・オッパー!」と叫んでも聞こえそうもないことに気が付いたので、ミッションはあっさり止めました。
やっぱり根性なかったっす、私。

ホ・ジノ監督はいつもよりはフォーマルなカジュアルルックで、例えるならクールビズ!?。
笑顔で、四月の雪を語ってました。

イェジンちゃんは、どうしてこうも日本での衣装はイマイチなんでしょか。
野暮ったくないかい?趣味の問題だとは思うけど。。。
もうちょっと良く見える服を選んであげてくださいよ、スタイリストさん。
「こ~ん~ば~ん~は~、ソン・イェジンでぇすっ。」ってゆっくりとこんばんはを言う、第1声のそのつかみ、私、受けました。
イェジンちゃんは時々笑いの神が降りるみたいです。(本人にその気はないのでしょうけど。)
カワイイ顔して、ボケもOKね、イェジンちゃん。

さてさて、ヨン様は黒ジャケ×白シャツに緑掛かった黒ネクタイで、クールだわ。
ヘアスタイルは八二分けじゃなくて残念だけど、前髪をおろしている姿がよく似合う男の人ですねぇ。
そして、ホントいい人でした。
インタビューに答えるその声は、冬のソナタのあの声で(って当たり前ですがな)、低くて渋くて甘くって、胸に手を当て感謝の気持ちを示すあのポーズ、ファンの声援に答えるあの姿は、ヨン様スマイルも全開で、白い歯もピッカピカに輝いて、サービスしすぎなぐらいのファンサービスじゃないっすか。

そうね、認めましょう。
ヨン様はだてに様付けされてるわけじゃないってことを。
仕事に対する真摯な姿勢は、一社会人としても見習うべきものがあると感じました。
えぇ、ミッションを完了できなかったこんな私でも見習いたくなりましたサ。
だからこそのヨン様、いや、もうヨン殿って呼んじゃおうかしら。
尊敬しちゃったわよん。

会場のファンの方も声援や拍手の為所をちゃんとわかっていて、ヨン様たちがお話してる時は静かに聞いてるし、盛り上がるところは盛り上がるし、マナーの良い方ばかりで、噂で聞くよりはるかに好印象でした。

というわけで、舞台挨拶は御三方で30分もやってくれて、来た甲斐ありましたねぇ。
プレミアだったよ、マジで。
でも、スチールカメラマンさんが撮影を終えた後、「韓国タレントは仕切りが悪くて全くやってらんないよ。」と嘆きながら帰っていったのを私は聞き逃しませんでした。
ははは。お仕事ってやっぱり大変よね。

いつも心にヨン様の様な微笑みを!

banner_03.gif
↑レッドカーペットはなかったような、ホ・ジノ監督の正装はジャケットにシーンズ?…という方、1クリック! で応援よろしくお願い致します♪

スポンサーサイト

コメント
コメントする
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
この記事のトラックバックURL
http://ukulele55.blog23.fc2.com/tb.php/31-7949b674
トラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。