ウクレレ探検隊

ウクレレ探検隊員のミーハーな萌え活動記録+韓流・K-POPをウクレレでぽろろ~ん♪


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

トム・ダウド いとしのレイラをミックスした男行って来ました、エリック・クラプトンの武道館公演に。
クラプトン、初めてなんですよこの目で観たの。
遮るものの何もない中で、どっぷりと堪能です。
エリックおじさんは、イギリス人風元気溌剌でございました。

連日の武道館公演にも拘らず、まぁ疲れを知らないおじさんですこと、クラプトンは。
フツーの顔して、フツーに弾きこなしてましたからね、2時間。
ブルースや昔の曲に、誰もが知ってるあの曲もたっぷりと。

ブルースなんて、辛気臭くないからステキ。
白人でここまでやるということは、若い頃、相当研究されたんでしょうね。
さしずめ、東大に行ける位!、って感じでしょうか。

近くに座っていたおじさんは、クラプトンのブルースと昔の曲になると狂喜乱舞でノリまくり、壊れちゃったの?と心配になるぐらいでしたが、こんなおじさんをも壊れさすほどの力がクラプトンにはあるわけですね。
これは、Mojoですな。
まさに、Mojoですわ。

Songlines Liveさて、今回のツアーではギターはクラプトンだけではなく「トリプル・ギター」が売りなので、要するに3人のギター弾きが登場してました。
特に、DEREK TRUCKSのスライドが凄くって!
いやはや、世界には凄い人がいるもんですな。
今まで聴いたことのないスライドの音でした。
雑味のないというか、真空状態というか、宇宙遊泳というか、とってもキレイな音で、スライドってあんな音が出せるのかと驚きました。
ピッとぴったり美味しさ包むのはサランラップ、ピッとぴったりフレットの上で止まるのはDEREK TRUCKSなのですよ。

大御所もまるで「自由に弾いちゃってっ。」と言ってるようで、彼のプレイも楽しみつつ、自分もプレイを楽しむようでしたよ。
あの超有名曲♪レイラのフレーズを聴いた時、『ん?クラプトンってこんな感じだったっけ』と思ったら、DEREK TRUCKSが弾いてたりとか(御大も弾いとりましたけどね)。

ギターとアンプ、ただそれだけ、という舞台セットもクラプトンの心意気が垣間見られたような気がしました。

熱い冬の夜でした。

←私の心は寒かぁ、しばれるねby千昌夫…という方、1クリック! で応援よろしくお願い致します♪
スポンサーサイト

コメント
外タレの出稼ぎシーズン
クラプトンがあったのですね。
友人は先週、ビリー・ジョエルをドームに見に行ったそうです。
ビリーはすっかりハゲていたようですが、コンサはまあまあだったそうな。

ちなみに「トム・ダウド/いとしのレイラをミックスした男」のフィルムは4月に渋谷UPLINKへ見にいきました。
良かったですよね~~e-292
2006/12/01(金) 03:30:35 | |komi #R63KSl6.[ 編集]
稼ぎ時
komiさま
武道館に行った時、ビリー・ジョエルの公演の看板も出てましたよ。
一稼ぎして、年末には自宅に帰るんですね。
懐の温かな年末でございましょうよ。

トムさんですね。v-218
もっと、いろんな所で公開するとそれなりに受け入れられると思いましたよ。
PPVの方がいいのかもしれませんけど。
2006/12/01(金) 20:42:51 | |キム・インポッシブル。 #-[ 編集]
コメントする
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
この記事のトラックバックURL
http://ukulele55.blog23.fc2.com/tb.php/354-b1aecee5
トラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。