ウクレレ探検隊

ウクレレ探検隊員のミーハーな萌え活動記録+韓流・K-POPをウクレレでぽろろ~ん♪


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

マレーシアのコタキナバルに行って来ました。

生まれてこのかた蛍を見たことがない超都会っ子のおかんが、毎年、梅雨の頃になると、「鎌倉で蛍が。。。」「椿山荘で蛍が。。。」と連れて行くようにせがむのですが、なんせ、暑いのがからきしだめな上に、メタボで自分自身が暑苦しいが故に、ずーーーっと拒否してたんですけど、たまたま日本が今、冬で、コロッと私の気が変わったので、おかんを連れて、蛍を見るためにKK行ってきちゃいました。

素晴らしいですよ!、とにかく、もう。
韓国ドラマでもこんなベタな演出はできないだろうという幻想的なその風景は、見る者の心を離しませんぜ。

KKの雄大な川をボートで進み、細い水路を行くと、蛍が集まる木があって、満天の星空から星が降ってきたように見えるほど、星なのか蛍なのかがわからないぐらい無数の蛍たちが、空を舞い、木々に止まり、とても淡く、柔らかい、そして、小さな光で輝きながら、ゆっくりと点滅を繰り返すんです。
それはそれは、美しいものでした。
まるで、クリスマスツリーですわ。

蛍の光でメリークリスマス!母は「つかまえたわっ。」なんて言って、蛍を私に見せてくれようとするんですが、その度に逃がしちゃうので、また、つかまえては、また逃がし。。。の繰り返しで、きゃっきゃきゃっきゃと少女のような喜びよう。
そんな、誰の目から見てもわかりやすい表現をするおかんのために、現地の船頭さんやガイドさんも、せっせと蛍をつかまえてくれてました。(ボートを貸し切りにしておいて良かったと安堵した娘であります。)
中には、母の手の中から逃げていったはずの蛍が、母の着ていたパーカの長袖の辺りに迷い込み、薄手の生地の下から蛍の淡い光が射していて、これがホントの蛍雪の功?!ってな具合でして、蛍で光るパーカってのもお洒落なものでしたわ。

ね。ユン・ソクホでもできませんでしょ、この演出。
ドラマ「夏の香り」だって、映画「ラブストーリー」だって蛍が出てきたけれど、うん10歳のおばちゃん(←うちのおかんのことです。)を少女には変えられませんぜ。

母が喜んでくれさえすれば、例え、私が虫が苦手だろうが、蚊に刺されるとあとが大変だろうが、暑さに弱かろうが、もうどうだっていいんだす。
娘が疲れ果てて、娘の方が、見た目、バリバリおばちゃんになってても、いいんだす。
母が、生まれて初めて、蛍と遊んだ記念すべき日だったのですから。
(母が超都会っ子なだけに、わたぴも蛍は生まれて初めて見たんですけどね。)

ちょっと早いけど、蛍の光でメリークリスマス!でしたよ。

おかげさまで、ヘトヘトです。
でも、母は、元気。

親孝行は、疲れます。
でも、できるうちに、なんでも。。。ってやつで。

あぁ、わたぴに、ユンケルください。
ユンケルで、頑張った自分に乾杯ですよ。
スポンサーサイト

コメント
あらー
カプチャギ(突然)、海外旅行ですか!
それは、ブロブター(うらやましー)
マレーシアは、今、蛍の季節なんでしょうか?それとも、年中無休で蛍が飛んでるんでしょうか?
私は、一昨年、島根で、しょぼい蛍をみました。(20匹くらいしかいなかった・・・)
2007/12/19(水) 14:31:20 | |ダモ #b.nIH9Ek[ 編集]

マレーシアですか!
そして蛍ですか!
奇遇ですね~。
昨日、注文していた本「REAL SINPLE」米国版11月号が届き、
その綴じ込みに[yellow tail]というオーストラリア産のワインの
宣伝がありました。
そこには、ホタルが飛んでおり、pushの文字を押すと、
ホタルのお尻が光るのです。
言葉での説明が難しいのですが、電池と電球が袋とじの中に
仕込まれているという、手の込んだ広告でした。
11月号の綴じ込みでした。
ダモさまと同じ疑問が。。。
ホタルって、初夏じゃなかったでしょうか?
2007/12/19(水) 22:31:54 | |komi #R63KSl6.[ 編集]
年中無休でございます
ダモさま
思い立ったが吉日、なのであります。
KKには四季がないので、年中無休で蛍は舞っとるそうですよ。
ただし、日本の蛍と比べると、とっても小さいので、雨が降ると蛍が流されてしまうために、お天気次第で見られないこともあるそうですけどね。
>島根で、しょぼい蛍をみました。(20匹くらいしかいなかった・・・)
そうなんですか。今回が、蛍、初見だったので、日本で20匹と聞くと凄そうに思っちゃうんですけど、しょぼいってこともあるんですね。
海外蛍デビューで良かったかも、なんですね。

komiさま
マレーシアは1年中初夏って感じですからね。蛍もずーーーっといてくれます。
REAL SIMPLEでオ~ストレイリアのワイン情報とは、お洒落っすね。
しかし、凝った広告ですね。見かけたら、そのてのものは、必ず試しそうです。(単純な読者です。あは。)
昔、オパールの絵のラベルが綺麗だなぁなんて思ったワインがオーストラリア産でしたけど、あの広大な土地ならば、蛍も飛んでいそうですね。
年中無休ではなさそうかな、オージー蛍は。南半球だから、今なら飛んでそうですね。
2007/12/19(水) 23:48:09 | |キム・インポッシブル。 #-[ 編集]
コメントする
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
この記事のトラックバックURL
http://ukulele55.blog23.fc2.com/tb.php/495-b7e7992c
トラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。