ウクレレ探検隊

ウクレレ探検隊員のミーハーな萌え活動記録+韓流・K-POPをウクレレでぽろろ~ん♪


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

今日で北京オリンピックも閉幕。
楽しみましたよ、たっぷりと。
それに、心が洗われましたわ。
選手の真剣な勝負を数多く見ることが出来て、感謝です。

女子サッカーの澤も、重量挙げの三宅も、アーチェリーの早川も、卓球の平野も、レスリングの伊調馨も、ホントよーく頑張ってましたわ。
伊調馨は金メダル連覇ですしね。
オリンピックは日頃なかなかお見かけできない競技をチェックできる絶好の場ですから、やっぱり、たまりませんね。

だけど。。。柔道の塚田の、試合時間残り8秒で1本負けしてしまった決勝戦の後は、一人落ち込みましたよ。
ごろ~んとくまのプーさんがでんぐり返しをするように倒されていったあの時。。。
ショックーーーーーーーーっ。
塚田には金メダルを取らせてあげたかった。(ただの一ファンですけど。)
重量級ですよ!、日本人で!、女子で!
あんな大変な事をやり続けていて!
塚田がいた事で、どれだけ日本の柔道界は救われてきた事か。

柔道の鈴木桂治の結果に驚きはありません。そういう時は来るんですから。
(それでも、好きよん。)

その他にも、カヌーやクレーももっと放送してほしかったですわ。
男子陸上4×100mも興奮しましたねぇ。運動会のリレーの時のバトンパスを思い出しましたわ。(←レベル低っ。)
女子陸上100mの福島と、柔道の石井はすでにキャラ立ちしていて、将来的にも飽きさせませんねぇ。

あとはなんといっても、ソフトボール。
ソフトに尽きるでしょう。
上野ですよ。
それに、峰。
上野は以前から物凄いけど、その球を受け、配球考えてるキャッチャーの峰も物凄いと思いますわ。
あの峰は凄いよぉ。

それから、実況より早い柔道の山口香の「IPPON」コールや、まるで親戚のおばちゃんと化した宇津木妙子の心こもりまくりの解説は印象深いですわ。
指導者の立場を超えた所というか、人情深いというか、性格が顕になっている分、冷酷なまでに勝負には徹底できないのかも、という「優しさ」のメンタリティーを感じたんですよね。
オリンピックでの勝ち方も負け方も、あぁ日本人っぽいなぁって場面が多くて。
日本人のメンタリティーをもっと深く研究していって、それに即したコーチングができるよう、コーチとなる人材の育成・発掘・招聘を積極的にしてほしいですわ。
選手に根性や気合だけで試合させてちゃ、選手が可哀想ですもの。
2年後のバンクーバー、4年後のロンドンも楽しみにしてるんですからねぇ。
(この後の北京パラリンピックも忘れちゃいませんぞ。)

さてと、夜は閉会式を見るとしまひょ。
スポンサーサイト

コメント
コメントする
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
この記事のトラックバックURL
http://ukulele55.blog23.fc2.com/tb.php/582-705b305f
トラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。